三吉彩花が考える親友の定義「ポジティブに相手のことを思うだけでいい」

dwango.jp news

2020/9/14 07:00


小学生からモデルとして芸能界で活動していた三吉彩花。女優としても数々のドラマや映画に出演し、存在感を示していたが、最新作映画『Daughters』では、ルームシェアをしている親友が妊娠、シングルマザーという人生の選択をするなか、隣で温かく見守る20代の女性・小春を好演した。現在20代半ばに差し掛かっている三吉自身は、本作を通してどんなことを感じ取ったのだろうか――。

■親密さを出すためにロケ地で二人きりの時間を大切に



中目黒でルームシェアをする小春と彩乃。共に一生懸命働きそして遊び、青春を謳歌していた。そんななか、阿部純子扮する彩乃が妊娠し、シングルマザーになることを決意する。これまでの生活が徐々に変わっていくことに戸惑う小春。

三吉は「最初に台本を読んだとき、自分のなかに落とし込んでいくことが難しく、どのように二人の関係性が変化していくのか想像できなかった」と率直な感想を述べると、まずは自分に置き換えて考えてみたという。カギとなったのは、どう寄り添うか。小春と彩乃は親友だが「友達でもあり、家族でもあるような関係性ってすごく素敵だなと思ったので、そこを肝に演じていった感じです」とアプローチ方法を語った。

三吉と阿部は本作が初共演。ルームシェアする親友役だけに、二人の間の空気感に距離を感じてしまうと、物語自体が成立しない。「ロケ地となった部屋で衣装合わせや、クランクイン前の本読みもやりました。二人だけでご飯を買って、部屋で食べたこともありました。その場所に二人でいることで、自然となじんでいった気がします」。

■三吉彩花流、親友との付き合い方

これまで同じ方向を向いていた二人が、妊娠によって関係性が変化する。当然いままで通りにいかない現実も押し寄せ、微妙な空気になることも……しかし二人は強固な絆で前に進む。

三吉は「かなり強い絆ですよね」と小春と彩乃の関係性について感想を述べると「私にも小さいころから一緒に仕事をしている女性の親友がいますが、私が大切にしているのは、親友だからと言って干渉しすぎないこと。これは親友に限らず友人でも恋愛でも、家族にも当てはまるのですが、ポジティブに相手のことを思うだけでいいと思うんです。そこに相手のことをすべて知りたいという欲や嫉妬とかはいらない」と自身のスタンスを述べる。

親友であっても言いたくないこと、聞かれたくないことはある。「はたから見るとドライと言われるのですが、相手のことをすべて知りたいという気持ちって、執着に変わっていってしまうような気がするんです。必要なら相談するし、相手も話をしてくると思う。気づいたら寄り添っていればいいと思うんです」。

■親友がシングルマザーになったら「寄り添います」

彩乃の妊娠がわかり、小春は戸惑う。変化していく彩乃に対して思うところもあるが、小春はそばで彩乃と生まれてくる子供を支えることを選択する。

もし現実にこういう状況になったら……三吉は「(妊娠に至った)経緯とか興味ないので、小春のように怒ったりはしないと思いますが、私も寄り添うと思う」とキッパリ。続けて「私は親友と喧嘩したことがないんです。それはどんな決断でも『この人が決めたことなんだから』と理解できるので。そこまでお互い興味がないのかもしれませんが、なんでも受け止める態勢ができているんだと思います」と笑う。

■女優だけではなく表現者として冒険していきたい

演じた小春は27歳、三吉は現在24歳。「少し年は違いますが、今回小春という役を演じて、自分が30歳になるぐらいのときは、どんな風になっているのかなということは考えました」と語ると「いままでも女優としてどうありたいかというのは常に考えていましたが、作品で演じる役によって影響されることも多いです」と、本作でも仕事観は多少なりとも変化したという。

これまでの芸能生活のなかで、一番大きな変化は20歳を迎えたとき。「子供のころから、この業界でお仕事をさせていただいていますが、20歳のとき仕事や自分の人生について『どうありたいか』を真剣に考えるようになりました。そのぐらいからプロフェッショナルと呼ばれる人との出会いが広がり、すごく自分自身の肥やしになっているなと感じるようになったんです」。

現在は女優として精力的に活動しているが「新しい作品ごとに、新しい人と出会える。すごくワクワクして楽しいけれど、決して女優という仕事だけに限定しているわけではなく、表現者として、いろいろな可能性を模索して冒険していきたい」と未来に思いを馳せる。

「20代の女性二人の物語ですが、いろいろな世代の方が、自分自身の感性で観られる作品だと思います」と見どころを語った三吉。この言葉通り、恋愛、仕事、生き方……劇中には、多くの世代の人がフックになるようなキーワードがちりばめられている。

取材・文:磯部正和

撮影:稲澤朝博

ヘアメイク:RYO

スタイリング:道端亜未(AMI MICHIHATA)

『Daughters』

9月18日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開

出演:三吉彩花、阿部純子、黒谷友香、大方斐紗子、鶴見辰吾、大塚寧々

(C) 「Daughters」製作委員会

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ