コンテナ内に2か月閉じ込められた猫が生還 クモと結露で生き延びたか(英)<動画あり>

イギリスで飼い猫が知らないうちに輸送コンテナに入り込み、そのまま2か月間も閉じ込められてしまったことが発覚した。救出された猫は体重が減っていたものの、コンテナ内部にいたクモを食べて壁に付いた結露を舐めることで命を繋いでいたと推測されている。『The Sun』『Metro』などが伝えた。

英コーンウォール州ヘルストン市カーリー・パークに住むビバリーさん(Beverley)とポール・チャップマンさん(Paul Chapman)は、飼い猫の“モンティ(Monty、12)”が行方不明になってしまいポスターを張って懸命に探していた。しかし情報が集まらずモンティも姿を現さないので、もう二度と会えないだろうと諦めていた。

ところが2か月後、ビバリーさんの家から数百メートル離れた工業団地にあるコンテナの近くを通りかかった人が、猫の鳴き声を聞いたという情報が友人より届いた。コンテナの所有者が急いでコンテナを開けると、中から猫が現れたのだ。それは紛れもなくモンティだった。

モンティはコンテナから救出された後、獣医のもとに運ばれた。幸運なことにかつて獣医の診察を受けた際にマイクロチップを取り付けられていたことで、ビバリーさんが飼い主だということが判明し無事に再会することができた。

このコンテナは2か月以上閉めっぱなしになっており、モンティはその間閉じ込められていたことが判明した。飲み物や食べ物が無い状態で、長期間生き延びたことに周囲は驚いている。

ビバリーさんは「モンティがどうやって生き延びたのか不思議でなりません。コンテナの中は結露していて、モンティはその露を舐めて水分を摂取し、さらに中にいたクモで食い繋いでいたのだと思います」と推測している。発見時モンティの体重は通常の3分の1ほどしかなかったという。

またモンティの失踪について、ビバリーさんは「モンティは気まぐれな性格で、私達の家の他にも7~8軒ほどの家を行ったり来たりしているので、たまに帰ってこないのは不思議なことではなかったのです。でも今回は数日経っても帰ってこないので、交通事故に遭ってしまったのではないかととても心配していました」と明かしている。

現在のモンティはすっかり回復したが、ビバリーさんは「外を出歩くこともあるけれど以前よりは少し落ち着いていて、ソファーやベッドの上にいることが多くなりました」と話している。

画像は『The Sun 2020年9月9日付「MIRACLE MONTY Pet cat survived two months trapped in a shipping container by eating spiders and licking condensation off the walls」(Credit: CornwallLive/BPM)』『Small Joys 「Miracle Video Shows Tabby Cat Rescued After Surviving 2 Months Inside Metal Container」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 iruy)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ