ヤバイTシャツ屋さんがMBSテレビ『ちちんぷいぷい』放送5000回記念オープニングSP映像を制作

SPICE

2020/9/14 07:00


ヤバイTシャツ屋さんが、関西ローカルのMBSテレビで放送している情報番組『ちちんぷいぷい』(月~金、午後1時55分)の放送5000回を記念したオープニングSP映像を制作することが発表された。

昨年10月に放送開始20年を迎えた同番組だが、その際にヤバイTシャツ屋さんが20周年記念ソング「はたちのうた」を制作しリリースしたこともあり、今回の放送5000回のオープニング映像も手掛けることとなったという。

同番組は、9月22日(火・祝)に放送開始5000回を迎えることを記念し、同日に『ちちんぷいぷい5000回~5000人とつながりたいスペシャル~』を放送。今回の特別番組のオープニングに、20周年記念ソング「はたちのうた」を使用し、番組メンバーが多数出演するオープニングSP映像を制作・放送し、その制作過程にも密着するという。

映像の監督を務めるのは「寿司くん」という映像作家の顔を持つ、ヤバイTシャツ屋さんのリーダーでギター・ボーカルのこやまたくや。「とにかく楽しくなれる映像制作を心がけている」と語っている。

特別番組のテーマが“より多くの関西人とつながる”ということで、こやまは「せっかくなんで、ちちんぷいぷいの出演者の皆さんにもいっぱい出てもらって、お祭り感を演出したい」と話し、番組の“空気感”を探りたいとちちんぷいぷいの制作現場にも潜入した。

映像の仕上りについても「ちちんぷいぷいはホッコリ、温かい雰囲気の番組なんで、ピリピリしてない映像になれば…。ヤバT感を混ぜつつ、5000回の歴史を感じられるようにしたい」と語った。

なお、今回オープニングで使用される楽曲「はたちのうた」は、9月30日(水)に発売される4thフルアルバム『You need the Tank-top』に収録される。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ