佐藤ノア・中澤瞳らが選んだのは?中間告白の結果にスタジオ号泣<「オオカミくんには騙されない」第5話>

モデルプレス

2020/9/13 23:00

【モデルプレス=2020/09/13】13日、ABEMAによるオリジナル恋愛リアリティーショー『オオカミくんには騙されない』(日曜よる10時~)の第5話が放送された。第5話のあらすじと、MC陣の考察をまとめる。

◆『オオカミくんには騙されない』最新作



20代を中心に人気を集める『オオカミ』シリーズの最新作は、2作ぶりに“オオカミくん”に原点回帰。真実の恋をしたい男女が、デートや共同作業を通して恋の駆け引きを繰り返し、本気の恋に落ちていくまでを追いかけ、出演する男性メンバーの中に、好きなフリをして真実の恋を惑わす「嘘つき“オオカミくん”」が最低1人以上紛れ込んでいる。

いったい男性メンバーの内、誰が“オオカミくん”なのか?もしかしたら“オオカミくん”に騙されているかもしれない…それでも相手を信じることができるのか?予測不可能な恋の駆け引きと、真実の恋を手にするべく恋に悩み葛藤する男女の等身大でリアルな姿が最大の見どころ。

女性メンバーはモデルの世良マリカ(せら・まりか/17)、女優の松永有紗(まつなが・ありさ/22)、モデルの中澤瞳(なかざわ・ひとみ・21)、女優の染野有来(そめの・ゆら/20)、モデルの佐藤ノア(さとう・のあ/23)。(以下それぞれマリカ、ありさ、ひとみ、ゆら、ノア表記)

男性メンバーは俳優の押田岳(おしだ・がく/23)、インナージャーニードラムのKaito(19)、プロサーファーの平原颯馬(ひらはら・そうま/18)、Seven Billion DotsボーカルのMasafumi(22)、俳優の藤枝喜輝(ふじえだ・よしき/18)。(以下それぞれがく、カイト、そうま、マサ、よしき表記)

モデルプレスではメンバーそれぞれの素顔に迫ったインタビューを公開している。

◆マリカ、よしきへ始まった恋心



中間告白となる第5話。その前日、アトリエにメンバーが集まると、姿を見せていないマリカから「相談したいことがあるのでアトリエの外で会いませんか?」とよしきへ太陽LINEが送信される。

当初はマサが気になっていたマリカは、「(マサが)感情を出さないから分からなくて段々気持ちが薄くなってもう1人の気になっている人の方がこれから自分の中でもっと好きになりそうだなと思って、それがよしきだった」と思いを伝え、驚きながらも素直に喜ぶよしき。よしきを見るマリカの表情の変化にスタジオは「可愛い!」と感動していた。

その夜、マサが初めてLINEを使い、月LINEでひとみを呼び出し。2人で花火をし「今はひとみのことがめっちゃ好きなんだ」と告白。よしきとひとみが話す姿を嫉妬する感情に気づいたといい、ひとみのこれまでの不安を一気にとかしていくマサ。ギリギリまで思いをはっきり口にせず謎めいていたマサの「好き」の威力の大きさにスタジオMCの横澤夏子は絶叫の声をあげた。

◆よしきの映像に感動…ゆらはカイトへ切ない告白「最後の最後に思いを伝えました」



そして、中間告白当日は昼間によしきの映像を撮影。ひとみを相手役に選び、野球部のユニフォームを着て12キロ走るという過酷な撮影を自ら提案。ひとみへのひたむきな思いをすべて込めた。

夜、女子が一番落ちてほしくない男子に渡す“赤いお守りタイム”となり、ありさとゆらはカイトへ、マリカはよしきへ。ありさと両思いなことを知っているゆらは「カイトくんの気持ちは分かってるから今日は大きな区切りだと思ってるから最後の最後に思いを伝えました」と話した。

ひとみとノアはギリギリまで考えたいということで男子が気になる女子に自分は「オオカミくんではない」と宣言する“NOTオオカミ宣言”まで保留となった。

◆ノア・ひとみが選んだのは…?



そして、男子が一人ひとり女子を呼び出し、行われる中間告白。カイトはありさに「第一印象のときから気持ちはずっと変わってなくて、俺はありさちゃんのことが好きだなと思ったから呼びました。この気持ちはきっと今後も大きくなっていくんだろうなって感じてます」と告白しありさも「最後まで一緒にいたい」と笑い合った。

次に呼び出されたのはノアで、がくから告白。ノアはがくの言葉が信じられず疑心暗鬼になっていたが、月LINEデートを経て気持ちが変わったと話し、「私も好きです」とお守りを渡すとがくは「マジで?」と信じられない表情を見せる。ノアは「本当にすっごく真剣に考えたから絶対間違ってないと思う」とがくを信頼。

そうまへは「私の中でやっと気持ちが定まって、今はがくくんのことが好きだからごめんなさい」と涙ぐみながら断ると、そうまは優しく「すぐには忘れられないから忘れるまでは好きでいようと思う」と頷いた。

マサとよしきに呼び出されたひとみが選んだのは、やはりマサ。よしきのまっすぐな思いに答えられず涙を流すひとみによしきは「泣かないで」と優しく声をかけ、ひとみの後ろ姿を見送りながら涙を流した。

ひとみは「今一番落ちてほしくないなって思うのはマサなのでこれを受け取って欲しいです」とマサを選び、よしきの走る姿に同じく感動していたというマサは「自分の気持ちは正直にひとみが好きだからこれからもずっと一緒にいたい」と安心した表情だった。

◆MC陣の“オオカミくん”予想は?



今回の内容を受け、ゲストの桜井日奈子はマサ、レギュラーの滝沢カレンは「『マジで?』にオオカミの素が出ちゃってました」とがく、神尾楓珠は「真顔と笑顔の切り替えが一瞬」とカイト、とそれぞれ“オオカミくん“を予想した。

◆『オオカミくん』モデルプレス読者アンケート実施中



モデルプレスでは“オオカミくん”を予想する読者アンケート企画を実施中。「結ばれてほしいペアは?」「あなたが推している男子メンバーは?」という質問もしている。(modelpress編集部)

情報:ABEMA

【Not Sponsored 記事】

当記事はモデルプレスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ