I WiSH「明日への扉」は思いを伝えることの大切さを教えてくれる胸キュンソング

UtaTen

2020/9/13 16:30

片思いの日々を歌った1番


▲明日への扉 - I WiSH(川嶋あい)

恋愛バラエティ番組の主題歌としても人気を集めたI WiSHの『明日への扉』。

楽曲は恋に落ちる瞬間を表現した歌詞から始まります。



「光る汗」や「強い日差し」という言葉から、季節は熱い夏のようです。

雨上がりの爽やかな風が吹くなかで、主人公の彼女は彼への気持ちに気づきます。

「初めての気持ち」ということは、もしかしたら初恋なのかもしれませんね。

川嶋あいの透き通るよう歌声と相まって、とてもピュアな恋のように感じられます。



続く歌詞でも思わずキュンとしてしまうようなピュアな彼女の姿が歌われています。

「過去の辛いことや悲しいことを埋めてくれる優しい彼を、これからもずっと側で見つめていたい。」

という彼に対する思いが伝わってきますね。彼女にとって彼は近しい存在であり、そして彼のことを心から好きなのでしょう。

しかし、まだこの恋は彼女の片思い。

思いを伝えることはせず、心の中にそっととどめてあります。

思いを伝える決意を歌う2番




こちらは2番の冒頭の歌詞。

彼との関係を壊したくないのか、思いを伝えられない様子が歌われています。

しかしそんな彼女を察したのか、彼が彼女に思いを伝えてくれた様子。

そして、彼女は思わず涙してしまいます。



では、彼は一体どんな思いを持っていたのでしょうか?

それがわかるのが次の歌詞です。

「二人で歩む道」という歌詞から、彼も同じように彼女を思っており、二人が両思いであったことがわかりますね。

そして彼女は、ずっと伝えられなかった自分の思いをきちんと彼に伝える決意をします。

彼女が彼に伝えたこととは?




涙を堪えて彼女が伝えたのは、「これからもずっと一緒だよね」という言葉。

とてもありきたりな言葉ですが、彼女は今まで独りで思ってきた彼への思いをようやく伝えることができたのです。



安堵や喜びから一筋の涙が流れ、心が優しさで満たされる様子が表現されています。

そして、「明日への扉 そっと開く」という歌詞からは、彼女の気持ちが大きく前に進んだことがわかります。

ずっと胸に秘めていた自分の思いを、しっかりと相手に伝える。

時にはそれにより傷つくこともあるかもしれません。

それでも、ずっと胸の中でひっかかっていたものがなくなり、気持ちはスッキリするものです。

恐れずに相手に思いを伝えることで、新たな一歩を踏み出す勇気にきっと繋がるでしょう。

この楽曲では彼に思いを伝えた結果、幸せを手に入れることができたようです。



友達として過ごした時間も長かったのかもしれません。

ようやく二人は両思いになり「二人の場所」にたどり着きます。

片思いをしている方は、ぜひ『明日への扉』を聴きながら相手のことを思ってみてください。

そして、決意が固まったとき、その大切な人に思いを伝えてみるといいかもしれませんね。

TEXT ゆとりーな

当記事はUtaTenの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ