髪のうねりはどう対策する?おすすめシャンプーは【髪トレ#5】

OTONA SALONE

2020/9/13 18:00



毛髪関連企業の最新調査によると、40代以降の女性の髪の悩みの大半が、白髪、パサつく、うねる、分け目が薄くなる、ボリュームが減るなど、「加齢による髪の変化=劣化」です。

残りの人生半分を、豊かで健康的で美しい髪をもち、パーマやカラーも好きに楽しむには、髪や頭皮を鍛え、底上げされた状態を維持できるように、髪を鍛えることが重要です。

『髪トレ もうケアはいらない 美髪の法則』(余慶尚美・著 主婦の友社・刊 1,300円 税)から、いつでも簡単にできるシンプルな方法で、美髪をかなえる方法を抜粋し、お教えします。考案はヘアケアスペシャリストの余慶尚美さん。50才には見えない美髪にも注目。

今回は「打つ手なし」とあきらめかけている悩み、うねりについて。

もともとダメージがある髪はエイジングが加速する


うねりはエイジングによる

毛穴の形状の変化が原因。

もともとダメージがある髪は

悪化の一途です。

まずは栄養をしっかり送り、

頭皮も鍛えて。

若いころはストレートだった人も、年齢とともに髪がうねってくることはよくあります。これは加齢による、毛穴の形状の変化が原因です。

ご存じのように頭皮は皮膚で、顔の延長線です。年齢を重ねるとフェイスラインがぼやけ、肌がたるんできますが、それと同じことが頭皮と毛穴にも起こってくると考えてください。

髪は毛穴の形状に沿って生えてきますので、頭皮がたるんで毛穴が「丸」から「楕円」にゆがんでしまうと、そこから生える髪も、断面がきれいな丸ではない、うねうねとした状態で生えてきてしまいます。

また、うねりがある髪は内部にゆがみがあり、水を吸いやすい部分と、はじきやすい部分のかたよりが生じています。

雨の日にうねりが強くなるのは、バランスが悪い状態で髪が湿気を含み、膨らんでいる部分とそうでない部分の差が大きくなるからです。

同様にカラーやパーマ、紫外線などの外的刺激によって、ダメージを受けた髪にも同じことがいえます。髪内部のタンパク質や水分が流出して偏りができ、うねりにつながってしまうのです。

対策としては本書掲載の頭皮マッサージで、張りと弾力のある頭皮にすることが最も効果がありますので、ぜひ毎日やりたいですね!

それでも、加齢によりある程度のうねりは出てきてしまうので、その場合はドライヤーの際、髪を少し引っ張りながら乾かすと、翌日のうねりがかなり解消されます。(ちなみに私は髪をこまかくブロッキングして、うねりをとりながらドライヤーをしています)。

うねりに関しては、うねり解消に特化したシャンプーやトリートメントなどの商品もたくさんありますので、ぜひ利用してください。

うねり対策ができるシャンプーは?



うねり髪には、髪内部の水分量をコントロールしてくれるシャンプーや髪に水分を

閉じ込め、表面をなめらかにととのえてくれるトリートメントがおすすめです。



デミ コスメティクス

フローディア

「髪のダメージ部分だけに反応する、独自のバルネイドシステムによって髪を補修。髪内部の水分を保持して、湿度に左右されないまとまりのある髪にしてくれます。乾燥や高温多湿といった環境でも、うねりによる髪の広がりを抑えてくれるアウトバストリートメントはとくにおすすめ!」

〈右から〉シャンプー ディープモイスト(400mL) 4,300円+税、トリートメント ディープモイスト(400g) 5,600円+税、コントロール セラム(95mL) 2,400円+税、コントロール エマルジョン(95g) 2,800円+税/デミ コスメティクス



オージュア

ディオーラム

「年齢とともに消失していくたんぱく質に着目し、髪内部の構造の乱れをととのえてくれます。うねりだけでなく、加齢によるダメージ髪を、みずみずしく弾力のある髪に艶やかヘアに。相乗効果を期待して、ぜひライン使いを!」

〈右から〉オージュア ディオーラム シャンプー(250mL) 4,200円+税、同ディオーラム ヘアトリートメント(250g) 5,200円+税、同ディオーラム エンゲージセラム(100mL) 4,500円+税 ※サロン専売品/ミルボン



『髪トレ もうケアはいらない 美髪の法則』( http://shufunotomo.hondana.jp/book/b525333.html )(余慶尚美・著 主婦の友社・刊 1,300円 税)

これから生えてくる髪をすこやかに育てることをめざす髪のトレーニング「髪トレ」。シャンプー法やドライヤーの正しいかけ方、美髪を育む食材などを紹介するほか、悩み別対処法、ヘアスタイルのアレンジ法などを伝えます。

当記事はOTONA SALONEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ