バンダイナムコ研究所が、世界地図をゲームステージにしたアプリ『PAC-MAN GEO』の企画開発に協力

『エンターテインメントの新しい価値を創出する』をビジョンに掲げるバンダイナムコ研究所は、今秋よりバンダイナムコエンターテインメントが全世界170を超える国や地域に向けてサービスを配信する、App StoreとGoogle Play用アプリケーションゲーム『PAC-MAN GEO(パックマン ジオ)』において、プロトタイプのディレクションから製品化に向けての企画開発に協力した。

『PAC-MAN GEO』は、Google Maps Platformの道路情報を活用したアクションゲーム。世界地図からステージにしたい範囲を選択すると、リアルタイムでゲームステージが形成され、パックマンやドットのクッキー、ゴーストが出現する。これにより、プレイヤーは現実世界の地図上で『パックマン』をプレイすることができるようになる。

バンダイナムコ研究所(当時:株式会社バンダイナムコスタジオ※)では、Google Maps Platformを活用した「新しいアソビ」を提案すべく、2018年より技術検証とプロトタイプのディレクションを行っていた。また、2019年からは技術検証結果をもとに、製品化に向けての企画開発に協力している。「パックマン」のシンプルなルールと操作性はそのままに、世界中を旅するように、思いのままにステージを選択できる喜びや、面白い地形のマップを見つけたときの嬉しさ、そして、その発見をシェアできる楽しさなど、これまでにない「パックマン」を体感することができる。

>>>開発中のゲーム画面

※バンダイナムコ研究所は2019年4月の設立のため、当時は株式会社バンダイナムコスタジオの研究部門で研究開発がスタートしている。

PAC-MAN GEO™ &(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
PAC-MAN™&(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

当記事はアニメージュプラスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ