キャバ嬢に聞いた! お店によくいる心底迷惑な自己チューな痛客

fumumu

2020/9/13 16:00

イラつく女性(SIphotography/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
恋をした男の中にはバカな言動をとる人もいます。ただ、恋をしているからそうなったのではなく、そういう人って、そもそもの本質がやばいんです。特に、キャバクラに来る人の中にはお酒の力も相まってか、本性丸出しの残念な人もいるそう。

そこでfumumu取材班は、迷惑な客について聞きました。合コンや社内恋愛でも、こういう男性には要注意ですよ!

■アフター狙いで遅い時間に来店


「アフター狙いでいつも遅い時間に来店する人がいる。毎度のこと『お店終わったらどこか飲みいこーよー』と誘ってくるが、恋人でもない男性と夜中に二人きりでお酒を呑み行くとか怖すぎるので、普通に『ごめん、先約あるの』と断る。


ただその度に『いつになったら飲みに行ってくれるの!?』と駄々をこねて閉店時間を過ぎてもお店を出ようとせず、スタッフを困らせる…」(30代・女性)


自分の要望が通らず駄々をこねる男性って幼稚で気持ち悪いですよね。「忙しくて…」「また今度…」とデートを断っても、しつこく「いつならいいの?」「そっちの予定に合わせるから!」と無理やりにでもデートをしようとする男は、自分のことしか考えてない自己愛強めの人間なので要注意。


関連記事:cocoのLGBT迷子中:キャバ嬢をAV落ちさせる男の魔の手

■ケチるくせに口説く


「痛客の代表は“ケチるくせに口説く客”かな。ホントしつこく口説く男ほどケチ! 『お店のドリンク高いから外で飲ませてあげるよ』と店外デートに誘う。


お気に入りの子にしか飲ませないのならわかるけど、キャバクラにきてキャバ嬢に飲ませないでキャバ嬢口説くって何? キャバクラの飲み方も知らないケチな男と誰がプライベートで会いたいと思う?」(20代・女性)


ケチな男にまともな人はいませんからね。例えば、安上がりにしようと大学生が騒いでいる安い&うるさい居酒屋で口説くとか、ガツガツ口説いてきたくせに、お会計は割り勘にするとか、そういう男って、相手をもてなすとか、いい気分にさせるということを知らない残念な自己チュー男なので、付き合うだけ損かと。

■個人情報を必死で探る


「本名を聞いてこようとしたり住所を探ろうとする客はマジでキモい。けど、こういうことしてくる客結構いるし、自分がキモいことしているって自覚がないからホント怖い。


キャバクラの痛客って、大抵こっちから近づきたくなるような振る舞いをするのではなく、好意を押し付けたり個人情報探ったりして、で挙句『なんで僕とは付き合ってくれないの!?』と鳥肌が立つようなこと言う。


好意をゴリ押しすれば付き合えると思っているあたりが頭足りないよね。少しは好かれる努力をしろよ」(20代・女性)


相手の心を惹くってことを知らず、ひたすら”好き”という気持ちを押し付けるだけで、好かれる努力をしない(きっと自分的にはしてるつもりなんでしょうが)男にも気をつけて。


合コンでも社内恋愛でも、自分都合で相手の立場になって考えない言動が目立つ自己チュー男には要注意♡

・合わせて読みたい→cocoのLGBT迷子中:キャバクラ嬢デビュー 虎視眈々と狙う「ヤラずぶったくり」

(文/fumumu編集部・美佳)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ