Nothing's Carved In Stoneにとって配信ライブとは?「次の配信はヘッドフォン推奨!」【インタビュー後編】

ウレぴあ総研

2020/9/13 12:00

Nothing's Carved In Stone(以下NCIS)が、8月26日にセルフカバー・アルバム『Futures』をリリース。そして、9月19日(土)には、今年2度目となる配信ライブ「Nothing's Carved In Stone Studio Live “Futures”」を実施する。

今年2月中旬以降の全ての公演が延期・中止となったコロナ渦での思い、そしてセルフカバー・アルバムに込めた意味、NCISにとっての配信ライブとは?

後半は、6月に開催した配信ライブ、そして9月19日に控えた「Nothing's Carved In Stone Studio Live “Futures”」を中心にボーカル&ギターの村松拓、ギターの生形真一に話を訊いた。

■ナッシングスがこだわる配信ライブの“スタイル”と“目的”

── 今年のライブシーンは、3月から無観客ライブを無料で配信、5月くらいからリモートで有料配信、6月中旬くらいからは、ライブハウスなどからの有料配信ライブが各所で開催され始めました。

村松 自分たちも配信ライブをやってみたいなと思いながら、どういう風にみんな配信ライブをやっているんだろうって、他のバンドの配信を見てました。例えば、ライブハウスでツアーファイナルがZeppだったらそこからやったり、福島に行く予定だったACIDMANがそこからやったり。

もちろん、配信ライブみたいなものが一つの表現方法に変わっていくだろうなと思って見ていて、そこをちゃんと自分たちのバンドなりに芯を食った状態で配信ライブできる方法ってなんだろうなって考えてましたね。

生形 4人で話してまず考えたのは、配信ライブをやるべきかどうか、やらないって選択肢も考えたし。ただそうしたら、本当にライブが何もできないなって思って。まずは1回やってみて嫌だったらもうやらなければいいしって話をして。拓ちゃんも言ったけど、やるんだったら自分たちのやり方ですよね。どういうやり方でやったらいいかをすごく考えて。

当時、ライブハウスからの無観客配信ライブをやっているバンドが増えて、ただ自分たちのスタンスだったり考え方としては、観客のいないライブハウスでライブをやるっていうのは難しいかなって思って。だったら、ちょうどレコーディングもしていたし、レコーディングスタジオでいい音でできたらと思って。ずっと前に1回配信ライブをレコーディングスタジオからやったことを思い出して。アルバム『echo』(2011年)と『Strangers In Heaven』(2014年)のリリース時に無料配信で。そのときに、むちゃくちゃいい音だったことを覚えていて。それをファンの子もそう言ってくれていて、それができたら面白いんじゃないかって。

── それぞれのバンドの個性というか思いやこだわりが配信ライブに表れますね。

村松 そうですね。スタイルと目的とね。

── そんな中での音へのこだわりを持って、レコーディングスタジオからの配信(6月27日「Nothing's Carved In Stone Studio Live “Navigator”」)は、NCISらしいなと。視聴させていただき、配信なのに画面越しに汗ばみました(笑)。

生形 その緊張感がいいですよね。俺らも緊張しましたからね(笑)。

村松 ガッチガチでしたね(笑)。

生形 音がいいだけあって、全部聴こえてくるから。それを気にするし、ミスれないっていうかそういう緊張感がありましたね。ライブハウスは、音もデカいし雰囲気も込みで紛れる部分はありますからね。

── ライブハウスから配信された方は、オーディンエスが目の前にいなと反応がなくて、やり難いとおっしゃっていました。

生形 それはそうですよね。

── スタジオからだとその辺はわりきって。

生形 そうですね。俺らは4人で向き合ってやっていたから、4人の感じを伺いながらやるっていうか。だんだんみんなが熱くなってくるのがわかったし、カメラのスタッフも昔から知っているメンバーでどんどん動いてぶつかってきたり、その辺も含めてよかったというか。

── アンコールの「Rendaman」は、視聴者のチャットでのリクエストで「きらめきの花」とどちらかということで、その場で「Rendaman」に決めて。ライブならではの生々しさも伝わってきました。

生形 それが伝わっていたのはよかったです。

■2回目の配信ライブはヘッドフォン推奨!

── そして、2回目の配信ライブ「Nothing's Carved In Stone Studio Live “Futures”」が9月19日に決定しました。

生形 『Futures』からの楽曲をメインに、それだけじゃなくて珍しい楽曲も入れていきたいねって、メンバー間で話しています。セットリストはこれから考えるんですけど。

村松 本当だったらこの作品を出してツアーに行きたかったくらいなんですけどね。

── ですよね。今回も再びレコーディングスタジオからの配信ですね。

生形 今回もレコーディングスタジオからですけど、前回と全く同じようにはしたくないなと思っていて。今回はもっとレコーディング機材をたくさん入れて、『Futures』のレコーディングエンジニアさんに入っていただいて、音のクオリティをもっと上げたいなと思っていて。そのレコーディングエンジニアさんが、めちゃくちゃ燃えてくれているんで(笑)。

── 前回以上の音の響きになるということですね。

村松 リスナーもイヤモニ買って聴いたほうがいいですよ、そのくらいのレベル(笑)。

── 視聴者も外付けのスピーカーで聴くのもありですが、高性能のヘッドフォンで聴くとさらに楽しめそうですね。

生形 そうですね。そういうヘッドフォンで聴くとより楽しいかもしれないです。パソコンでもiPhoneでもいいけど、そういうヘッドフォンで聴くとだいぶ世界が変わると思いますね。

── それこそ、『Futures』の作品で体感できる音の奥行きが伝わりそうですね。

生形 そうですね、そこにまずこだわって。俺らは、曲を決めてストーリーを考えていい演奏をして。あとは、今回ライブのスタッフを全員入れたいと思っていて、照明さんにも来てもらいます。ツアーができないっていうこともあるので、ツアースタッフとやりたいなっていうのもあって。

── 配信ライブは、日本津々浦々や海外の方々にも観ていただけるのがいいですよね。

村松 いろいろな事情からどうしてもライブに来れない人もいるって聞いているんで、そういう人にも見てもらえるチャンスとなるのは嬉しいですね。

── もう少しコロナの影響はライブシーンにありそうですが、今後の活動スタイルについて考えていることがあれば教えてください。

生形 来年のスケジュールも決めているし、ライブハウスもどんどん押さえているから、そのときできなかったらしょうがないけど、そしたらまた先を押さえてって、やっていこうっていうスタンスですね。ちょっとずつ未来が明るくなっているかなとは思います。あと、NCISは、野音や武道館をやったときに思ったけど、席を置いてもできるライブはあるなと思って、そこは強みかなと。いろいろやり様もあるなとは思っています。

■インタビュー前編

“ライブモンスターNothing's Carved In Stone”が語る! アルバム『Futures』と配信ライブへの思い【インタビュー前編】

■リリース情報

Nothing's Carved In Stone

セルフカバー・アルバム『Futures』

8月26日(水)発売

初回限定盤2CD+DVD:4,500円(税別)

DDCZ-9063(SSRA-0004)

通常盤2CD:3,500円(税別)

DDCZ-9065(SSRA-0003)

Silver Sun Records

■配信情報

Nothing's Carved In Stone Studio Live “Futures”

auスマートパスプレミアム会員限定でお得な割引も!

<配信日時>

2020年9月19日(土)開場19:30/開演20:00

※ライブ配信終了後~2020年9月21日(月・祝)23:59まで事後配信を予定。

<販売期間>

9月21日(月・祝)21:00まで

<料金>

2,500円(税込)

※auスマートパスプレミアム会員の方は上記価格より1,000円引きでお求めいただけます。

※auスマートパスプレミアム会員はau以外をご利用の方でもご入会いただけます。(月額499円(税抜)/初回30日間無料)

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ