マツコ、NiziUプロデューサー・J.Y. Parkを絶賛 「ゴリゴリ来ればいいのに」

しらべぇ

2020/9/13 05:30




12日放送の『マツコ会議』(日本テレビ系)に、いま話題沸騰中のNizi Projectを仕掛けたプロデューサーJ.Y. Parkが中継で出演。マツコ・デラックスはJ.Y. Parkの可愛さの虜になっていた。

■マツコがロックオン


昨日放送された『THE MUSIC DAY 人はなぜうたうのか?』(日本テレビ系)で、初お披露目されたNiziUのプロデューサーを務めるJ.Y. Park。過去にも2PMやTWICEなど数多くの有名アーティストを手掛けるなど、知る人ぞ知る名物プロデューサーだ。

そんなJ.Y. Parkには出演依頼が殺到しているというが、マツコは自分の番組を選んで出演してくれたことに「番組の内容を評価していただけたこともあるだろうけれど、もしかしたらまんざらでもないんじゃないかなと思って……」とニヤリ。


関連記事:ガンバレルーヤよしこが『虹プロ』に激ハマり 「第2弾あれば参加したい」

■なぜ日本人女子ユニットを作ったのか


続けてマツコは、なぜいまこのタイミングで日本の女の子のユニットを作るために、大掛かりなオーディションを行ったかをJ.Y. Parkに問う。

J.Y. Parkは「韓国でアイドルを作りながら、次のステージでは必ず海外の人材でアーティストを作りたいと思っていました」と述べると、オーディションによって選ばれたメンバーで結成したNiziUが、日本でも大きな反響を呼んでいることに「すごく感謝しています」と満面の笑顔。

■餅ゴリもチャーミング


終始笑顔のJ.Y. Parkに「可愛い」を連発するマツコは、プロデューサーとしてではなく、アーティストとしてのJ.Y. Parkに注目。

手掛けたアーティストたちがスタイリッシュであるのに反して、J.Y. Park自身のミュージックビデオはとにかくコミカルであることを挙げると「ふざけています?」と突っ込む。

J.Y. Parkは「僕が一番怖いのは、周囲の人たちが僕に近づけないような雰囲気になること。親しみを持っていてほしい」と持論を展開。

するとマツコはJ.Y. Parkが、餅が好きでゴリラに似ていることから“餅ゴリ”と呼ばれていることに触れ「自分で三枚目なキャラをやっていながら、手掛けたアーティストを格好よくプロデュースしているところが格好いい」とJ.Y. Parkの魅力を解説すると「やっぱり可愛いわよね」と絶賛する。

■衝撃のビニールパンツ姿も


また、番組では20代のJ.Y. Parkが、シースルーのビニールパンツをはいている際どい写真も披露。J.Y. Parkは「当時保守的だったエンタメ業界に嫌気がさして、反動でやってしまいました」と苦笑い。

そんな強烈な姿にもマツコは「ビニールパンツ、すごくおしゃれ」と目じりを下げると「(NiziUだけではなく)Parkさん自身がゴリゴリ来ればいいのに」と日本進出を勧める。

J.Y. Parkも「僕はマツコさんだけを信じて日本に進出します」と発言。マツコは「“私だけを信じて”という言葉は悪くないわよ」と満足そうな表情を浮かべていた。

・合わせて読みたい→クロちゃん、虹プロで『水ダウ』アイドル企画でのヤバすぎる態度が再度話題に

(文/しらべぇ編集部・津曲京介

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ