大島優子、嫌なことがあったときは「家で1人で叫んでます」 告白し赤面

クランクイン!

2020/9/12 19:12

 女優の大島優子が12日、都内で行われた映画『生きちゃった』ワールドプレミアトークイベントに出席。劇中、壮絶な絶叫シーンがあるという大島は、プライベートでも「何か嫌なことがあったりすると、家で1人で叫んでます」と明かす一幕があった。

本作は、幼なじみの山田厚久(仲野太賀)、奈津美(大島)、武田(若葉竜也)の3人の物語。結婚した厚久と奈津美は、平凡な暮らしを送っていたが、厚久が奈津美の浮気を知ったことをきっかけに、物語は衝撃的な展開へと向かっていく。イベントには大島のほか、共演した仲野と若葉、石井裕也監督が登壇した。

大島演じる奈津美が叫ぶ壮絶なシーンがあるという同作。そのシーンについて大島は「人間は何かを訴えるときに、目や顔の表情、毛穴から出るもので訴えているところもあると思うんですよ。だけど、奈津美としてあの瞬間生きたときは、腹の底からの叫び、というものが自然と出てしまいました」とそのときの心境を明かした。

さらに大島は「何か嫌なことがあったりすると、家で1人で叫んでます。枕とかに顔うずめて、叫んでるなって今思いました」とプライベートを告白。仲野が「奈津美の人生がすべて見てとれるような叫びだったと思うんですけど、もし大島さんが普段家であんな叫びしてたらかなり心配になります」と話すと、大島は恥ずかしそうに笑っていた。

役者、という仕事について大島は「非日常的な映画もありますけど、映画の中で起こることは日常でも起こりうること」と話し「自分の中をほじくる感じかな、とは思います。普段の生活はもちろん普通だけど、どういうふうに感情が湧き出るか、という心のトレーニングの延長にあるのが役者なのかな」と持論を展開。続けて「日々普通の生活をしていても、何が自分が幸せかとか、何にイライラするかということを感じながら生活しているし、それに触れる、それをどう表現するかっていうのが仕事になっているのかなと思います」と語った。

最後に大島は「この役とこの作品に出会えたことに感謝しています」と述べ「映画館に来てほしいですね。作り手側としては、テイクをしてほしい。じゃなきゃギブアンドテイクにならない、ということで。ちなみに私は『今日から俺は!!』を映画館に観に行きました」と仲野の出演作品を挙げ、笑いを誘った。また「この共演をきっかけに『今日から俺は!!』の太賀くんを観に行きたいと思って。すごいハマりました。おもしろかったです」と笑みを浮かべた。

映画『生きちゃった』は10月3日より全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ