CHIHIRO「幸せになってね」は心友の結婚を祝う友情ウェディングソング

UtaTen

2020/9/12 18:00

恋愛シンガーが描くウェディングソング



「叶わない恋、報われない恋」をテーマに、数々の恋の悩みに向き合ってきた恋愛シンガーソングライターCHIHIRO。

彼女が2020年7月8日にリリースしたアルバム「Rose Quartz」に『幸せになってね』が収録されています。

これまで、恋愛のリアルさや葛藤を描きながら現代の女性の力になるようなラブソングを生み出してきた彼女。

今回読み解く楽曲は、友人の結婚を祝う友情ウェディングソングとなっています。



舞台は友人の結婚式当日。

青い空が輝いて見えるほど、このイベントが幸せに溢れているのが伝わってきますね。

ウェディングドレスに身を包んだ友人を一目見て、彼女が幸せを手に入れたことを実感します。

シンプルながらも幸せに溢れた言葉




結婚式といったイベントは涙を誘いやすい性質を持ち、雰囲気に飲まれて涙を流してしまうという人も多くいるはずです。

ですが誰かの幸せを心から喜び、涙を流すことはなかなか出来ません。

涙が止まらないのは、友人のことを本当に大切な存在だと思っているからでしょう。

積み重ねてきた時間の中で深く理解しあった友人の門出は、自分のことのように嬉しいはずです。


この歌詞は、幸せを祝う言葉や嬉しい気持ちがとてもシンプルな表現で描かれています。

「難しい言葉はいらない」と言っているかのような端的な歌詞ですが、その気持ちは十分に伝わってきます。

必要最低限のわずかな言葉で、これまで積み重ねてきた時間や友情の深さを感じさせるのは、CHIHIROが感情の描写に富んだ恋愛ソングを生んできた手腕によるものでしょう。

実際に心に感情が溢れてしまうと言葉は出てこないものです。

そんなリアルさも、彼女は演出しているのかもしれません。

心から通じ合う友達「心友」




彼女は、結婚する友人との関係性を「心友」と表現しています。

心から通じ合える友達であることを示すこの言葉は、友人へ送る最大級のエールなのかもしれません。

もちろん歌詞には「幸せになってね」「おめでとう」といった祝いの言葉は、多く登場します。

当然、晴れの舞台ですから結婚生活やその後を心配する声をあげることは出来ませんし、この楽曲にも登場はしません。


ですが、友人であれば少しばかりの不安や心配を抱いてしまうかもしれません。

そんな気持ちを巧妙に隠したエールが「心友」という言葉には、込められているのではないでしょうか。

二人の関係性を表したこの言葉は、もしも何か困ったことがあったら私を頼ってねというメッセージなのかもしれません。

TEXT 富本A吉

当記事はUtaTenの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ