愛希れいかが退団後初の単独主演作で魅せる!ミュージカル『フラッシュダンス』公開ゲネプロレポート

エンタステージ

2020/9/12 12:00


015339.jpg

2020年9月12日(土)に東京・日本青年館ホールでミュージカル『フラッシュダンス』が開幕する。演出は岸谷五朗が務め、宝塚歌劇団退団後初の単独主演作となる愛希れいかが主人公・アレックスを演じ、廣瀬友祐、桜井玲香、福田悠太、植原卓也、Dream Shizuka、石田ニコル、なだぎ武、松田凌、大村俊介(SHUN)、秋園美緒、春風ひとみらが出演する本作。9月11日に行われた公開ゲネプロの様子と開幕に向けて到着したキャスト陣のコメントを伝える。

015339_03.jpg

本作は、1983年に公開され、世界中で1億ドル以上の大ヒットを記録した伝説的アメリカ青春映画『フラッシュダンス』をミュージカル化したもの。生演奏によるスマッシュヒットソング「Maniac」や「Manhunt」、「I Love Rock’N Roll」、「Gloria」、そして映画の主題歌としてアカデミー賞を受賞したセンセーショナルなナンバー「What A Feeling」など、1980年代を代表するヒットソングの数々に乗せて大迫力のダンスによって夢見る少女・アレックスの夢、友情、恋の物語を描いている。

015339_06.jpg

物語の舞台は、1983年のペンシルベニア州ピッツバーグ。製鉄所の工員服姿で登場したアレックスがヘッドフォンをつけてウォークマンのスイッチを押すと流れてくるのはあの名曲「What A Feeling」。それだけで心が躍るし、そこにアレックスの友人であるキキ(Dream Shizuka)とテス(石田)、グロリア(桜井)の歌声が乗っかると、あの「あぁ、まさにこれは『フラッシュダンス』の世界だ」と感じさせてくれた。そして、場面が変わったハーレイスティール社の製鉄所ではジョー(SHUN)やアンディ(松田)ら工員たちが魅せる圧巻のダンスパフォーマンスがこの作品のレベルの高さを示し、さらに『フラッシュダンス』の世界観へと引き込んでくれる。

他にも、1980年代のキュートでセクシーなファッションや映画を観たことない人でも一度では観たことあるのではないかというほど有名な“ウォーターシーン”、全てをかけて挑むオーディションシーン、メインビジュアルでも着ているだぼだぼのスウェットワンピなど、スクリーンやテレビで観たあの世界が見事に再現され、鮮明に描き出された光景に感動を覚えるのだ。

015339_11.jpg

素晴らしいのはその世界観だけではない。昼は溶接工として働き、夜はキャバレーになる近所のバー「ハリーズ」でダンサーとして働くアレックスは、しなやかでバネのある情熱のこもったダンスで夢を掴むべく、悩みながら傷つきながらも恋人や友人、そして恩師に勇気をもらい背中を押されて一歩一歩、着実に前に進んで行く。その人間くさく、ひた向きで魅力的な姿を見ていると手に汗握りながら応援したくなった。

015339_14.jpg

015339_08.jpg

そしてアレックスを取り巻く個性豊かなキャラクターたちも魅力的だ。廣瀬が演じるニックは、視察に訪れた製鉄所で一目でアレックスに惹かれ、最初に感じるスマートな印象からは考えられないほど不器用にアプローチをする。デートに誘ってフラれてもめげず、時には強引になってアレックスに迫る。格好良く、お茶目でヘタレな一面も持ちつつ、自分の理想を求めてもがいて挫折を味わって弱ることがあっても、やっぱり頼りがいのあるニックに、アレックスのみならず観客も見惚れてしまうことが多々あるだろう。

015339_09.jpg

アレックスの友人・グロリアはポジティブで向上心があって、それが仇となって自分の身を危険にさらしてアレックスや恋人のジミー(福田)をハラハラさせるけど、それでも憎めない可愛さがあるし、バーに居る客を引かせるようなジョークを連発する売れないコメディアン・ジミーはおじであるハリー(なだぎ)との軽妙なやり取りで笑顔にさせてくれ、それでいて持ち前のダンス力を見せつけてくれるし、キキやテスは“強い女”という感じでパワフルな歌声と華やかさで魅せてくれる。

015339_16.jpg

そして、ハリーズの近所にオープンしたストリップクラブ“カメレオン”の経営者であるC.C.は、開幕前に行ったインタビューで植原が「フォローもできないような笑うしかないほどの悪者です(笑)」と語った通り、まさにどうしようもないほどの“悪役”に仕上がっていた。好感は持てないかもしれない。でもある種の魅力を放っており、その姿に目がひきつけられてしまうだろう。一方で、元バレリーナでアレックスのダンスの師であるハンナ(春風)からは安心感を得ることが出来る。ハンナが持つ飄々とした不思議な空気感と、全身を包んでくれるような優しく頼もしい言葉の数々がアレックスだけでなく、私達にも夢のために一歩踏み出す勇気を与えてくれるのだ。

015339_05.jpg

そんな夢と勇気と友情に溢れ、泥臭くもキラキラとした輝きを放つ本作の開幕に向け、キャスト陣と演出を務める岸谷からコメントが寄せられた。退団後初の単独主演ながら圧巻の演技と歌、ダンスで魅せてくれる愛希は「今こうしてこの作品を届けられるということ、チケットを買って劇場に来て下さるお客様がいて下さるということがなによりも幸せですし、感謝の気持ちでいっぱいです」と語り、「今回、いつもより制限があるお稽古中の中でも、とてもストイックにそして本当に楽しくお稽古で来たのは、思いやりに溢れた愉快な個性的なキャストの皆さまのおかげです」と感謝の思いを伝える。

そして、「この状況で、みんなで作り上げたこの舞台はいつも以上にたくさんの思いが詰まっています。エンターテイメントの持つ力を少しでも感じていただき、観終わった後には、前に向かって一歩踏み出す勇気を持ってもらえるような、明日への活力になる・・・誰かの背中を押せる・・・そんな舞台にしたいと思っています。私が今できる全て懸けて挑みます!」と力強く意気込む。

015339_18.jpg

また、ニックを演じる廣瀬は「自分の中で止まってしまったものがまた凄まじいエネルギーで動き出そうとしています。当たり前じゃない一瞬一瞬に命を注ぎたい」と熱い思いを語り、「危険は常に隣り合わせかもしれません。でもだからこその興奮がこの作品には間違いなくあると思います。すでに心が震えてます。このパワーがこの先の未来を照らせるように魂込めたいと思います」とコメントした。

015339_02.jpg

キュートで等身大の悩める少女・グロリアを演じる桜井は「無事に初日を迎えることができて、先ずはホッとしています。どこか不安を拭えないまま、それでもカンパニーみんなで初日を迎えられると信じて、日々がんばってきました。色々な想いが詰まったこの作品を、お客様の心にしっかりと伝えたいと思います」と不安を抱えつつも、前向きに語った。

そんなグロリアの恋人でコミカルな一面を沢山見せてくれるジミー役の福田は「ミュージカル『フラッシュダンス』。一流のプロの方達ばかりの舞台上に、ジャニーズの一般人の僕がどこまで馴染めるのかお楽しみ下さい。馴染めてなかったらどうしよう。緊張するなあ。33歳にもなってこんなに緊張させてくれるミュージカル『フラッシュダンス』。最高です。この大変な時期に会場に集まって下さるお客様、皆さまに少しでも夢と感動を与えられるようがんばります」と茶目っ気たっぷりに語る。

015339_19.jpg

そして、本作の日本版脚本、訳詞、演出を務める岸谷は「三月、四月、五月コロナによって主催する『地球ゴージャス』の大切な25周年記念公園の殆どが吹き飛ばされた!何処にもぶつけられないエンターテイメントの浮かばれない魂の憤りは沸々と熱を帯び、その時をずっと待っている」と悔しさをにじませながら、「この瞬間(とき)に初日を迎える公演は私達だけではなく演劇関係者皆の期待を背負う。他の公演の千穐楽までの感想を我々が祈るように『FLASHDANCE』は繊細に毎日の稽古を重ね周りからも愛されて来た。初日の産声をこれ程未来の可能性だと感じる公演は初めてだ。リスクを背負い劇場に足をお運び下さるお客様!徹底した対策を講じてお待ちしております」とメッセージを送った。

ミュージカル『フラッシュダンス』は、下記の日程で上演。上演時間は一幕80分、休憩25分、二幕75分の約3時間を予定している。

【東京公演】2020年9月12日(土)~9月26日(土) 日本青年館ホール
【名古屋公演】2020年10月3日(土)~10月4日(日) 日本特殊陶業市民会館ビレッジホール
【大阪公演】2020年10月8日(木)~10月11日(日) 梅田芸術劇場 シアタードラマシティ

【日本版脚本・訳詞・演出】岸谷五朗
【脚本】トム・へドリー&ロバート・キャリー
【音楽】ロビー・ロス
【作詞】ロバート・ケイリー&ロビー・ロス

【出演】
アレックス・オーウェンズ役:愛希れいか
ニック・ハーレイ役:廣瀬友祐
グロリア役:桜井玲香
ジミー役:福田悠太(ふぉ~ゆ~)
C.C.役:植原卓也
キキ役:Dream Shizuka
テス役:石田ニコル

ハリー:なだぎ武
ルイーズ/ミス・ワイルド(二役):秋園美緒
アンディ役:松田凌
ジョー役:大村俊介(SHUN)

ハンナ役:春風ひとみ

原田治、飯田一徳、穴沢裕介、HILOMU、杉山真梨佳、井出恵理子、美麗、織里織、輝生かなで

【公式サイト】http://flashdancethemusical-jp.com/
【公式Twitter】@FLASHDANCEJP

(取材・文/エンタステージ編集部 3号 写真/オフィシャル提供)

当記事はエンタステージの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ