加藤浩次、『GTO』のオファーを断った過去「今だから正直に言うけど…」


お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次が、9日深夜に放送されたニッポン放送『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』(毎週水曜27:00~)にゲスト出演。フジテレビ系ドラマ『GTO』のオファーを断った過去を明かした。

パーソナリティを務めるテレビプロデューサーの佐久間宣行氏が、加藤が『GTO』のオファーを断ったという噂に言及し、「本当なんですか?」と尋ねると、加藤は「それはあったのよ」と認めた。

加藤は「今だから正直に言うけど、自信がないから、『やんねえよ』って言うのよ。僕なんか小心者だし、『GTO』の警官役をやれる自信がないから。年下の現場マネージャーから『加藤さん、こんなの来てるんですけど』と言われたときに『俺自信がないから無理だわ』なんて言えなかったのよ」と告白。

佐久間氏が「結果、どういう言い方したんですか?」と聞くと、加藤は「『やらねぇよ! 漫画だろ!?』って(笑)」と答え、「『GTO』は面白い漫画だけど、当時、漫画をドラマにするなんてないだろっていう時代だったから。本当に正直じゃない。カッコ悪いね」と話した。

さらに、佐久間氏から「そのあと、漫画原作のドラマ、TBSで結構やってますよね?」と指摘されると、加藤は「そうだよ。それを断ってから『絶対漫画だ』と思ってんだから。漫画(原作のドラマ)を断って大失敗したというのがあるから、漫画に食いつく癖があるよね(笑)」と笑っていた。

なお同番組は、放送後1週間以内であればradikoで聴取可能(エリア外の場合はプレミア会員のみ)。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ