“人殺しの息子”からYouTuberに 顔出しも前向き「なくてはならない存在」


●「宿命と闘う生き様や趣味」を発信
フジテレビのドキュメンタリー番組『ザ・ノンフィクション』の前チーフプロデューサー・張江泰之氏。昨年6月末に同局を退社して動画制作会社「Hariver」を立ち上げ、様々なYouTube動画をプロデュースしているが、その中でも注目なのが、あの北九州連続監禁殺人事件の犯人の息子による『松永太の息子』チャンネルだ。

“人殺しの息子”という運命を背負った彼が、動画で発信する狙いとは――。

○■有名タレント続々参入の中で奮闘

張江氏は、中井貴一のものまね芸人・きくりんや、自らシングルマザーの道を選んだ23歳の元タレントの卵・りぃにゅん、外国人向けに東京をリポートするAki Teriyakiなど、様々なジャンルでYouTubeチャンネルをプロデュース。しかし、コロナ禍によってテレビで活躍する第一線のタレントたちが、続々とYouTubeチャンネルを立ち上げている。

巣ごもりでスマホでの動画視聴が増えている追い風を実感しつつも、次々に黒船が押し寄せるこの状況に、「それは大変ですよ。一般人がYouTuberとして成功するのは、本当にハードルが高いんです。有名タレントなら一気に人気が集まりますが、1,000人以上の登録者数は、上位11%と言われている世界ですからね」と本音を吐露。

その中でも、「みんなめげずに頑張ってやり続けてくれて、収益も付くようになってきました」と、軌道に乗るチャンネルも生まれてきた。
○■「君は世界に1人しかいない」

そんな張江氏がプロデュースを手がけるチャンネルの中でも異彩を放っているのが、2002年に発覚した北九州連続監禁殺人事件の犯人の息子による『松永太の息子』チャンネルだ。

北九州連続監禁殺人事件は、メディアが報道を差し控えたほどの残虐な方法で、犯人の親族ら7人が殺害されたもの。犯人である松永太死刑囚と緒方純子受刑者の息子は、『ザ・ノンフィクション』で17年に放送された『人殺しの息子と呼ばれて…』で、張江氏のインタビューに応じた。

これがメディアによる初めてのインタビューで、幼いながらの記憶で目撃した事件の真相や、自らが受けた両親からの虐待までを明かした。“人殺しの息子”が背負った悲しい過去の勇気ある告白に大きな反響が集まり、昼帯の放送にもかかわらず、世帯視聴率10.0%(17年10月22日、ビデオリサーチ調べ・関東地区)を記録している。

この縁で、張江氏がフジテレビ退社後に立ち上げた『BUZZドキュ』チャンネルで、息子は再びインタビューに応じ、『ザ・ノンフィクション』放送後のネット上の反響に対しての見解や、心境の変化、両親に対する気持ちなどを語っていた。

その後、張江氏が息子に「君は世界に1人しかいないわけだから、世間の反発はあるかもしれないけど、正々堂々とやってみるのはどうか」と提案し、『BUZZドキュ』のチャンネル名を『松永太の息子』に変更。本人のパーソナリティを前面に打ち出し、「宿命と闘う僕の生き様や趣味について発信」(チャンネル説明より)している。

●もっと表に出て活動するときが必ず来る

動画の内容は、父に対して今思うことや、母と刑務所で会ったことの報告、子供時代の父・母との写真公開といった貴重な証言や資料に加え、「僕の自動車整備の工具を紹介します」「誰にでもできる簡単野菜炒め」「巨大プリンを作ってみた」など、“人殺しの息子”という緊張感とギャップのあるYouTuberらしい緩いネタまで、実にバラエティに富んでいる。

「本人も悩みながらやっていますが、ある種宿命を背負った人間でもあり、同じような境遇で悩んでいる人もたくさんいるわけだから、自分の発信を大事にしていこうと話をしています。奥さんも時々参加して2人で丁々発止やってくれたりして、どんどんチャンネル登録が増えてきました。彼に応援のコメントをくれる人たちもたくさんいます」

現在は顔を隠しているが、今後どのタイミングで顔出しするかを検討中。6月に公開した「皆さんとのお約束」という動画で、本人は「YouTubeを通じていろんな方とつながれる、なくてはならない存在になってきています」とチャンネルへの思いを明かした上で、「僕がもっともっと表に出て活動しなくちゃいけないときが必ず来ると思うので、そのときにはしっかり顔を出してみなさんと関わっていけたらいいなと思っています」と意欲を示している。

○■古巣・フジの番組でYouTubeの経験生かす

こうしたYouTubeや企業から受注した動画制作に加え、現在BSテレ東で放送中の『THE名門校 日本全国すごい学校名鑑』(毎週日曜21:00~)をプロデュースするなど、映像制作に関して“全方位外交”を掲げて事業展開している張江氏。

13日(20:00~21:54)に古巣・フジテレビで放送される特番『あなたを美しくします! 美容(ビューティ)ゴッドハンド』で、同社退社以来約1年ぶりに地上波の番組でプロデューサーを務めるが、「YouTubeでの経験を地上波の番組づくりに生かせれば」と意欲を語る。

テレビにはテレビで制約があるとした上で、張江氏は「YouTubeはYouTubeで、結構制約があるんです。『松永太の息子』でもサムネイルやタイトルに“殺人”という言葉が載せたらダメですし、性的なものや子供に悪影響を及ぼすものは弾かれてしまうので、言葉にはすごく気をつかいながらやっています」と、メディアの違いを実感しているようだ。

●張江泰之1967年生まれ、北海道出身。中央大学卒業後、90年NHKに入局し、『クローズアップ現代』『NHKスペシャル』などを担当。05年フジテレビジョンに入社し、『とくダネ!』やゴールデン帯の特番などを制作、15年からは『ザ・ノンフィクション』のチーフプロデューサーを務めた。19年6月末で同局を退社し、動画制作会社「Hariver」を設立。YouTubeチャンネルのプロデュースや、企業動画の制作、BSテレ東『THE名門校 日本全国すごい学校名鑑』のプロデューサーなどを務め、13日に放送されるフジテレビの特番『あなたを美しくします! 美容(ビューティ)ゴッドハンド』でもプロデューサーを担当する。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ