AQUOS新スマホの実機チェック - 5G&QRコード決済が身近になる庶民派スマホ


シャープから5Gスマートフォン「AQUOS zero5G basic」と「AQUOS sense5G」、そして人気スマートフォンの最新モデル「AQUOS sense4」「AQUOS sense4 plus」が発表になりました。

まだ販売価格や取り扱うキャリアは明らかにされていませんが、AQUOS zero5G basicとAQUOS sense5Gはいずれもミドルレンジ向けのチップセットを採用していて、比較的手に取りやすい5Gスマートフォンとなりそうです。今回のラインナップには、QR決済用のコードをワンタッチで呼び出せる新機能が搭載されているのも、注目ポイントです。

AQUOS zero5G basicは、スマホで動画やゲームを楽しみたい一方で、価格とのバランスも重視する人をターゲットに開発されたモデル。ゲーミング性能が注目されたAQUOS zero2と同様に、10億色の色表現が可能な約6.4インチ有機ELディスプレイを搭載し、リフレッシュレート、タッチサンプリングレートのいずれも240Hzに対応しています。

CPUには、ミドルレンジ向けながら高いパフォーマンスが評価されているQualcomm Snapdragon 720Gを採用。スマホ本体は3枚のグラファイトシートで熱をすばやく分散する仕組みや、緻密なCPU電力制御を行うなど放熱性能にもこだわっていて、CPUのパフォーマンスが落ちない工夫がされています。このほかGPSもデュアルバンド対応となっているので、位置情報ゲームをプレイするのにも良さそうです。

カメラはAQUOS初のナイトモードに対応した約4,800万画素の標準カメラ(F1.8、35mm換算で26mm相当の焦点距離)に、約1,300万画素125度の超広角カメラ(F2.4、35mm換算15mm相当)、約800万画素(F2.4、35mm換算79mm相当)で光学3倍の望遠カメラという、3眼カメラを搭載。標準&超広角カメラを組み合わせて、背景をぼかしたポートレート撮影もできます。このあたりはぜひ、後日実機で試してみたいところです。

AQUOS zeroシリーズでは140g台という軽さが大きな特徴のひとつとなっていましたが、AQUOS zero5G basicは約高さ161×幅75×厚さ9mm、重さ約182gと、軽いとは言えないサイズ感になっています。機種名の「basic」には、軽さよりも充実した基本性能にこだわったモデルという意味が込められているとのこと。今のところ構想はないとのことでしたが、軽さを追求した「basic」のつかない5Gモデルの登場も期待したくなります。

○定番にもなった「AQUOS sense」シリーズから新モデル

累計800万台を出荷しているという人気の「AQUOS sense」シリーズには、新たに3機種がラインナップに追加されました。AQUOS sense4は「AQUOS sense3」の、AQUOS sense4 plusは「AQUOS sense3 plus」の、それぞれ後継モデルとなっています。

AQUOS sense4は約5.8インチフルHD+のIGZOディスプレイを搭載。ドロップ型のノッチを採用したディスプレイの下には指紋センサーが搭載されているほか、顔認証にも対応しています。

カメラは約1,200万画素の標準カメラ、広角カメラに、約800万画素の望遠カメラが加わって、前モデルの2眼から3眼になりました。サイズは約高さ148×幅71×厚さ8.9mm、重さ約176g(暫定値)とAQUOS sense3からあまり変わっていませんが、一方でバッテリーは4,570mAhと大容量になり、電池持ちも良くなっています。持ちやすいサイズ感、使いやすさはそのままに、カメラ、チップセット、バッテリーなど、基本性能を向上させた正統進化モデルと言えます。

一方のAQUOS sense4 plusは、約6.7インチHD+の大画面液晶を採用。動画やゲームを楽しみたい人に向けて、リフレッシュレート90Hz、タッチサンプリングレート120Hzに対応するほか、ステレオスピーカーも搭載しています。画面が大きくなった分、サイズも約高さ166×幅78×厚さ8.8mm、重さ約198g(暫定値)と、AQUOS sense3 plusより一回りほど大きくなりました。

AQUOS sense3とAQUOS sense3 plusはサイズ違いの姉妹モデルといった感じでしたが、メタルボディを採用するAQUOS sense4に対し、AQUOS sense4 plusは樹脂ボディで、指紋センサーも背面に配置されているなど、デザインが大きく異なっています。

カメラも特徴的で、約4,800万画素の高精細な標準カメラを搭載するほか、広角カメラ、マクロカメラ、深度カメラの4眼へと進化。さらにインカメラにも深度カメラが加わって2眼となっています。

AQUOS sense5Gは、AQUOS senseシリーズで初めて5Gに対応したモデルです。ディスプレイやカメラ、バッテリー容量、サイズなどの基本的な仕様はAQUOS sense4とほぼ同じですが、CPUに最新のQualcomm Snapdragon 690 5Gを搭載しています。

このチップセットは、同じ周波数を4Gと5Gで共有する「Dynamic Spectrum Sharing(DSS)」という仕組みに対応しているのが特徴。DSSはauとソフトバンクが導入予定なので、両者での取り扱いが期待されます。発売は2020年冬以降でおそらくは2021年の春ごろと少し先になるようですが、そのおかげもあってOSには最新のAndroid 11が採用されます。また、この最新OSを生かす新機能も用意されています。

コンパクトで手に持ちやすいAQUOS sense4のサイズ感や使い勝手はそのままに、5Gに対応。最新OSを搭載するなど長く使えるモデルになりそうです

冒頭にも書いたように、今回発表された4機種にはいずれもQR決済用のコードをワンタッチで呼び出せる新機能「Payトリガー」が搭載されています。

これは指紋センサーの長押しでQRコードを表示できるというもので、スマホを起動して、アプリを立ち上げて、QRコードを開いて……という面倒な手順を一気に省略できます。ピッと決済できるおサイフケータイに対して、QRコード決済はこの手順のおかげでレジ前でもたもたすることが多いので、ぜひ他のスマホにも搭載してもらいたいところです。

著者 : 太田百合子 おおたゆりこ テックライター、エディター。インターネット黎明期よりWebディレクションやインターネット関連のフリーペーパー、情報誌の立ち上げに携わる。以降パソコン、携帯電話、スマートフォンからウェアラブルデバイス、IoT機器まで、身近なデジタルガジェットと、それら通じて利用できる様々なサービス、アプリケーション、および関連ビジネスを中心に取材・執筆活動を続けている。 この著者の記事一覧はこちら

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ