ゲームから飛び出してきたかのよう…… 「コトブキヤ」×『デッド・バイ・デイライト』“トラッパー”のスケールフィギュアが登場[ホラー通信]

ガジェット通信

2020/9/11 21:00



ホビーメーカー「コトブキヤ」から、人気ホラーゲーム『DEAD BY DAYLIGHT』のキャラクター、“トラッパー”のスケールフィギュアがリリース。2021年2月の発売に向けて予約受付がスタートしました。コトブキヤショップの限定特典も発表されています。

『DEAD BY DAYLIGHT』は、オンライン上で他のプレイヤーとつながり、殺人鬼(キラー)1人、生存者(サバイバー)4人で戦う非対称型対戦サバイバルホラーゲーム。『悪魔のいけにえ』や『エルム街の悪夢』など、ホラー映画の人気キャラクターが登場することでもおなじみですが、ゲームのオリジナルキャラクターも魅力的。今回はオリジナルキャラクターのキラー“トラッパー”のフィギュア化です。

原型を手掛けたのはゲームの大ファンだという大畠雅人氏。ゲームの中のトラッパーがそのまま三次元に飛び出してきたかのようなリアルな一品となっております。

すべての画像が表示されない方はこちら



ゲームのワンシーンのようなポージング







ズリュリ……

サバイバーを斬りつけた直後の、「大包丁」についた血を腕で拭う姿を彷彿とさせるポージング。腕にも「大包丁」にも、拭っても拭いきれない積年の血が染み付いています。一際つやつやとしたフレッシュな部分はおそらく“今ついたばかりの血”でしょう。



貫禄たっぷりドッシリボディ





ドーン。



ドーン。



ドーン。

どうよ、この貫禄。キラーの中でもどっしりと筋肉質なトラッパーの重厚ボディが、ゲーム中の印象そのままに再現されています。ズボンを補強するように巻きつけているのは質感と色味からするとダクトテープ……? リアルな塗装にあれこれ想像が膨らみますね~。

封鎖された窓枠





台座はトラッパー固有のステージ「マクミラン・エステート」をイメージ。トラッパーの背後にはエンティティによって封鎖された窓枠があります。何度も同じ窓枠を乗り越えたサバイバーをようやく仕留めたところかな?



上半身のアップ









マスクや肌の質感が分かる上半身アップのお写真もご覧ください。年季の入ったマスクに並んだ乱ぐい歯は一本一本細かく塗装が施されています。乾いてひび割れたような肌には、無数の生々しい傷跡が。彼もまた、エンティティの被害者なのだ……。



大きさ約260mm





気になる大きさは、全高約260mm。しっかりと存在感がありつつも飾りやすい嬉しい大きさ。コトブキヤの人気アイテム「BISHOUJOシリーズ」のフィギュアとも並べて飾れるスケール感になっているそうです。いやー、コレクションがはかどっちゃうな。



コトブキヤショップ限定特典





コトブキヤショップでの購入限定で、特典「可動式トラバサミ」が付属。こんなんなんぼあってもいいですからね。

お手持ちのフィギュアをトラバサミにひっかけて、サバイバーに仕立てるのも楽しそうであります。



ヒルビリーも出るよ





トラッパーが出るんだからこのお方も出ますよと。古参キラー、“ヒルビリー”さんもフィギュア化です。彩色前の画像ですがこちらもスゴそうだぞ。どうぞお楽しみに!


「DEAD BY DAYLIGHT」トラッパー

サイズ:全高約260mm

価格:13,800円(税抜)

発売月:2021年2月

コトブキヤオンラインショップ:

https://shop.kotobukiya.co.jp/shop/g/g4934054013685/?utm_source=a11.hm-f.jp&utm_medium=referral&utm_campaign=pressrelease_200910


(C) 2020 Behaviour Interactive Inc. All rights reserved.

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

当記事はガジェット通信の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ