今年でなんとデビュー25周年!神木隆之介のおすすめ出演ドラマ10選

Oh!My!ドラマ

 

2歳から芸能活動をスタートさせ、子役時代から大活躍している神木隆之介さん。まだ27歳ですが、今年でなんとデビュー25周年! 子役時代からその愛くるしい姿で人気を博し、ファンからは“神木きゅん”と呼ばれています。9月25日には、自身初となるアニバーサリーブックの発売を控えており、今なお人気はとどまることを知りません。

かつて“天才子役”と呼ばれていた神木隆之介さんですが、現在でも実力派俳優として次々に話題作に出演しています。

そこで今回は、特におすすめしたい『神木隆之介出演ドラマ』を10作品ご紹介します♪

 

 

神木隆之介さんのプロフィール

 

1993年5月19日生まれ。埼玉県出身。1995年にCMデビュー。1999年にドラマ『グッドニュース』でドラマデビュー。その後数々の作品に途切れることなく出演。今年の誕生日には、『デビュー25周年記念プロジェクト』を始動することを発表し、YouTubeチャンネルの開設など新たなチャレンジにも注目が集まっている。

 

 

神木隆之介さん出演ドラマ

 

『涙をふいて』(2000)

 

アメフト選手から大工になった大西勝男(江口洋介)は、学生時代にお世話になった先輩を火災で亡くした。遺された先輩の子どもたち、渕上健太(二宮和也)、桃(上戸彩)、康太(辰巳雄大)、良太(神木隆之介)を引き取りとった勝男は、下町の工務店で共に生活しながら、自身も成長していく。愛と根性を育てる波乱万丈の愛情物語。

神木隆之介さんは、当時小学1年生。運動会で走るのが遅くてひたすら特訓するシーンや、頑張ろうと前を向く姿に胸があつくなる。兄弟四人が揃うシーンなどは、今ふりかえるとキャストが豪華すぎて、伝説感が半端ない。

 

『涙をふいて』
■初回放送:2000年 フジテレビ系列
■キャスト:江口洋介、二宮和也、上戸彩、神木隆之介 ほか
■脚本:吉田紀子、林宏司

 

 

『ムコ殿』(2001)

 

甘いルックスと甘いラブソングで若い女性たちを魅了し続けるシンガーソングライター・櫻庭裕一郎(長瀬智也)。孤独を愛し自由に生きているというイメージが世間的にはついているが、実は、かなりダサい男だった。コンプレックスを持っている裕一郎の心のよりどころは、恋人の新井さくら(竹内結子)だった。さくらとの結婚を考える裕一郎。さくらの家族も巻き込み波乱の日常が始まる……。

神木隆之介さんは、さくらの甥っ子・新井努役。お父さんがいない役どころで、ところどころ父親のいない寂しさを高すぎる演技力で表現し、物語にスパイスを与えている。

 

『ムコ殿』
■初回放送:2001年 フジテレビ系列
■キャスト:長瀬智也、竹内結子、鈴木杏樹、篠原涼子 ほか
■脚本:いずみ吉紘

 

 

『あいくるしい』(2005)

 

 

ごくごく普通の家族が、お互いを思いやり共に成長していく姿、さらにその家族を支えていく周囲の人々を丁寧に描く物語。家族の絆が強く描かれている。長男・真柴豪(市原隼人)、長女・みちる(綾瀬はるか)、次男・幌(神木隆之介)、次女・唄(松本梨菜)の4きょうだいが、それぞれ支えあい生きていく様がリアル。また、神木隆之介さん演じる次男の幌を中心とした小学校の同級生たちが「虹色の戦士」を探していくという友情物語も、このドラマのもう一つの軸となっている。これぞホームドラマと言わんばかりのほんわかした雰囲気に癒されること間違いない。

本作で、本当の意味で主人公の役割を担っている神木隆之介さん。驚くと「わお!」と声に出してしまうほど純粋な少年を演じているが、とにかく可愛い!の一言に尽きる。

 

『あいくるしい』
■初回放送:2005年 TBS系列
■キャスト:市原隼人、綾瀬はるか、竹中直人、桜井幸子 ほか
■脚本:野島伸司
■視聴できるVOD:Paravi、Hulu、TSUTAYA

 

 

『探偵学園Q』 (2007)

 

街で耳にする都市伝説の数々。その伝説に紛れて奇妙な事件が起きていく。その難事件に立ち向かうのは、5人の若き探偵の卵たちだった。好奇心旺盛な彼らは、自分たちの持っている力を最大限に発揮し、事件の謎に迫っていく。
敵との戦いや様々な人との出会いによって、若き彼らは少しずつ大人になろうとしている。そんな彼らの優れた才能と友情を描いた青春ドラマ。神木隆之介さん初の主演作品だ。

これまで“可愛い”役どころばかりだった神木隆之介さんが、その可愛らしさを残しながらも凛々しさが際立ち、新たな一面が見られる。

 

『探偵学園Q』
■初回放送:2007年 日本テレビ系列
■キャスト:神木隆之介、志田未来、山田涼介、要潤 ほか
■脚本:大石哲也

 

 

『学校のカイダン』(2015)

 

 

春菜ツバメ(広瀬すず)は、通っていた高校が閉校になり名門高校に編入するが、そこで実質的に権力のない生徒会長の役目を押し付けられてしまう。そんなツバメに興味を持ち近づく、謎の車いすの青年・雫井慧(神木隆之介)。口が達者で天才スピーチライターである彼は、ツバメにスピーチの仕方を教える。その「コトバ」を武器にしながら、ド底辺にいる女子高生が学校を変えていくという、これまでにない新たな学園ドラマだ。

神木隆之介さんの謎めいた雰囲気とツンデレな態度、様々な表情が観られ、視聴者の心を掴んで離さない。ファンからは、「神木隆之介さんの演技力の凄さがわかる作品」として名高く、神木隆之介さんにしかできない演技の数々に驚愕する作品だ。

 

『学校のカイダン』
■初回放送:2015年 日本テレビ系列
■キャスト:広瀬すず、神木隆之介、石橋杏奈、泉谷しげる ほか
■脚本:吉田智子
■視聴できるVOD:Hulu

 

 

『11人もいる!』(2011)

 

 

真田一男(神木隆之介)は、10人家族の真田家の長男だ。カメラマンであるものの、ほとんど仕事がない父・実(田辺誠一)と、カフェを営む母・恵(光浦靖子)。そして一男を含む8人の子どもたち。そこになぜだか五男・才吾(加藤清史郎)にしか見えない才吾以外の実母・メグミ(広末涼子)の幽霊も加わり、11人の大家族で暮らしていた。貧乏ながらも幸せな日々を過ごしていた真田家。様々な騒動に巻き込まれながらも家族で乗り越え、絆を深めていく。とにかくコミカル過ぎるドラマ。宮藤官九郎さんの脚本だけあり、内容が振り切れている。

神木隆之介さんの転機となった作品の一つといっても過言ではない本作。見事なまでのチャラ男ぶりに注目だ。

 

『11人もいる!』
■初回放送:2011年 テレビ朝日系列
■キャスト:神木隆之介、田辺誠一、光浦靖子、広末涼子 ほか
■脚本:宮藤官九郎
■視聴できるVOD:Hulu

 

 

『家族ゲーム』(2013)

 

 

立派な一戸建てに住み、とても優秀な家族に恵まれ、周囲からは何の不自由もない理想的すぎる一家に見える沼田家。しかしその内情はとんでもないことになっていた。次男・茂之(浦上晟周)が不登校で引きこもり、困惑した両親は、何としてでも不登校を解消し、長男・慎一(神木隆之介)が通う進学校に合格させるため、家庭教師の吉本荒野(櫻井翔)を雇う。常軌を逸しながらも緻密で計算に満ちた指導がはじまり、沼田家の家族それぞれが抱える秘密と、吉本との狂気的な出来事の数々が交錯する。

神木隆之介さん演じる慎一も、表向きは優等生だが、実はストレス発散のために犯罪をおかしている、という深い闇を抱えた役どころ。極端な二面性をはっきりとわかりやすく演じていて、その演技に魅了される。

 

『家族ゲーム』
■初回放送:2013年 フジテレビ系列
■キャスト:櫻井翔、神木隆之介、浦上晟周、板尾創路 ほか
■脚本:武藤将吾

 

 

『刑事ゆがみ』(2017)

 

 

すべての人が信じる人や物事だろうと信じない。先入観なしで人の心の奥底に潜む闇を鋭く観察し、真実を解明するためには、それが違法捜査だろうとどんな手を使ってでも事件を解決していく弓神適当(浅野忠信)と、成績優秀でとにかく真面目、強い正義感があるゆえに振り回される後輩刑事・羽生虎夫(神木隆之介)の二人が、凸凹バディを組んでさまざまな事件を解決していく。

神木隆之介さんが演じるのは、出世欲に燃える若手刑事。腹黒だが嫌なヤツには見えず、むしろかわいく見えてしまう。

 

『刑事ゆがみ』
■初回放送:2017年 フジテレビ系列
■キャスト:浅野忠信、神木隆之介、山本美月、稲森いずみ ほか
■脚本:倉光泰子 ほか
■視聴できるVOD:FOD

 

 

『変身』(2014)

 

 

画家を夢見ながら、工場で働き地道に生きてきた成瀬純一(神木隆之介)は、恋人の葉村恵(二階堂ふみ)とささやかな幸せをかみしめながら日々を過ごしていた。しかしあるクリスマスイブの日、純一は婚約指輪を購入しようと立ち寄ったジュエリーショップで、強盗事件に巻き込まれて頭に大けがを負ってしまう。世界初の生体間脳移植をして一命を取りとめたものの、退院後、暴力的になったり、恵に以前とは違う感情を抱いたりと、何かが変わっている自分に気づき、恐怖に襲われる。

それまでは“学生”を演じることが多かった神木隆之介さんが、本作ではなんとラブシーンに挑戦。子役から俳優へと変身するきっかけになった作品のひとつだ。

 

『変身』
■初回放送:2014年 WOWOW
■キャスト:神木隆之介、二階堂ふみ、臼田あさ美、戸次重幸 ほか
■脚本:吉田紀子 ほか
■視聴できるVOD:Hulu

 

 

『グッドニュース』(1999)

 

「あの子可愛すぎない?」と話題になったデビュー作。
小さな映画製作会社に勤める黒沢丈一(中居正広)は、ひょんなことから出版社に勤務するバツイチ子持ちの女性・白木明子(鶴田真由)とその息子・直也(神木隆之介)に出会う。その後二人は結婚するが、結婚式当日に映画会社の社長が夜逃げをしてしまい、丈一は多額の借金を背負うことに。様々な困難に立ち向かう彼らに、グッドなニュースは訪れるのか?

当時五歳、神木隆之介さんの天使の様な愛らしい姿に、話題騒然となった。初演技とは思えない迫真の演技は、涙なしでは観られない。

 

『グッドニュース』
■初回放送:1999年 TBS系列
■キャスト:中居正広、鶴田真由、神木隆之介、佐野史郎 ほか
■脚本:君塚良一

 

 

いかがでしたか?

デビュー当時はまさに“天使級”の可愛さだった神木隆之介さん。最近ではすっかり大人の男性へと成長し、“演技俳優”としての活躍をみせています。女性の心を掴み離さない魅力で、今後も目が離せません!

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ