『アダムス・ファミリー』吹き替えキャストが日本語テーマソング歌唱を報告!

9月25日(金)に初の劇場版アニメとして公開される映画『アダムス・ファミリー』。字幕版ではオスカー・アイザック、シャーリーズ・セロン、クロエ・グレース・モレッツ、フィン・ウォルフハード、ベット・ミドラーらが顔を揃え、日本語吹き替え版も、杏、生瀬勝久、二階堂ふみ、ロバート秋山、LiLiCoといった字幕版に引けを取らないメンバーが集結している。
このたび、9月10日(木)に『アダムス・ファミリー』完成記念報告会を都内にて実施し、杏(モーティシア・アダムス役)、生瀬勝久(ゴメズ・アダムス役)、LiLiCo(マーゴ・ニードラー役)が登壇した。

漫画家のチャールズ・アダムスが、1930年代に雑誌に描いた1コマ漫画としてスタートした『アダムス・ファミリー』は、そのヒネくれたユーモアセンスとユニークなキャラクターが人気を博し、60年代にはTVシリーズやアニメシリーズが作られた。その後、91年に第1作、93年に第2作と長編映画として実写化され、世界的な大ヒットを記録。また、ブロードウェイでミュージカル化され、日本でも2014年に初演、2017年に再演と2度のミュージカル化を果たしている。

日本語吹き替え版キャストが発表されると、「(見た目が)似ている!」と注目集めた本作。
杏は「『アダムス・ファミリー』という作品は、子どものころから観ていた作品で、それが今の時代に復活して、演じることに不思議な気持ちでもありましたし、嬉しかったです。生瀬さんだったり、二階堂ふみちゃんだったり、LiLiCoさんだったり…実写化いけるんじゃない⁉ と思ってもいました」と話し、「生瀬さん、似てますよね!」と生瀬に振ると、「ヤバい(笑)俺をモデルにしてアニメを作ったんじゃないかってくらい。やばい似てる(笑)」と自他ともに認めた生瀬。杏も「本国で作られた方もビックリしたと思いますよ」と続けた。

一方、LiLiCoは当初、モーティシア役のオファーだと思っていたと明かす。「モーティシアキターーーーやったー! と思っていたら、”違います” と。”どういう役?” と聞いたら、”重要な役です” としか言われなかったんですよ(笑)」と、オファー時を振り返った。

完成した日本語吹き替え版を観た感想については「1つのファミリーになっていると思いました」と自信をのぞかせた杏。モーティシアというキャラクターについては「世間一般の間隔と少しずれていて、言葉と気持ちが少し違うというところが、演じていて面白かったですし、ここでしかできない言葉遊びだなと思いました」とアフレコの感想を語る。

また今回、日本語吹き替え版では『アダムス・ファミリー』のテーマソングを主要キャストのメンバーで歌っており、本編のエンディングとして収録されている。
歌唱について杏は、モーティシアに寄せたものと杏自身の声で歌った2バージョンを収録したと言い、「モーティシアバージョンが収録されていると思います」と語った。LiLiCoも演じた役と本人の2バージョンを収録したというと、それを聞いた生瀬から「僕は選択肢なかったです。他の歌い方ができなかった(笑)」と、誰よりも演じたキャラクターとそっくりな生瀬は、”ゴメズ=生瀬” として収録したことを明かした。

最後に、杏、生瀬、LiLiCoから公開を楽しみに待つファンに向けてメッセージを寄せ、イベントの幕が閉じた。

『アダムス・ファミリー』は9月25日(金)公開。主要キャストが歌うテーマソングにも注目だ!

(C)2020 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved. The Addams Family (TM) Tee and Charles Addams Foundation. All Rights Reserved.

当記事はアニメージュプラスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ