香取慎吾 クール&ゴージャスに『AERA』表紙登場、稲垣吾郎との共演語る

dwango.jp news

2020/9/11 17:54


9月14日発売の『AERA』9月21日号(朝日新聞出版)は、9月18日から「Amazonプライム・ビデオ」で独占配信される三谷幸喜監督・脚本のシットコム『誰かが、見ている』に主演する香取慎吾が表紙に登場。バラの花びらが舞い散るスタジオで蜷川実花が撮影した。



スタジオに赤を基調とした衣装で登場した香取。スッと立ったかと思うと、花びらに埋もれるように頰杖をつき、その表情はクールでゴージャス。それがインタビューになると一変。人なつこい笑顔を見せながら、話し始めた。

18年前に三谷とシットコム『HR』に取り組んでから、なかなかシットコムに触れる機会がなかったこと。再び三谷とやることになって、うれしかったこと。自身が演じるキャラクターを組み立てていく過程や稲垣吾郎との共演について――。さらに話題は、コロナ禍で改めて感じた「テレビ」と自分自身との関係や、自身のYouTubeチャンネルでの動画制作にも及ぶ。香取のワクワクを追体験できるインタビューとなっている。

そしてこの号には、映画『ミッドナイトスワン』に主演し、トランスジェンダー役を演じた草彅剛のインタビューも同時掲載。3ページにわたるグラビア&インタビューでは、複雑な背景を抱える難しい役を演じた1カ月間について話している。インタビュー中、この作品の脚本を初めて読んだときに涙がでた理由に「いま、話していて気づきました」という瞬間に遭遇。共演した新人の少女から受けた刺激や演技の面白さについても、率直に語っている。

■AERA(アエラ)2020年9月21日号

定価:364円+税
発売日:2020年9月14日(月曜日)
株式会社朝日新聞出版

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ