高田明美が明かす〝暇つぶし〟から始まった『パトレイバー』秘話

岡山県・倉敷市立美術館で開催中の特別展『Angel Touch』、そして同タイトルの画集が復刊ドットコムから発売中のキャラクターデザイナー・高田明美。これまでのキャリアを振り返るロングインタビューもいよいよ後半戦に突入、人気作『きまぐれオレンジ☆ロード』『機動警察パトレイバー』の裏側に迫っていく。

【前編はこちら】

高田明美が語る「意外なきっかけで完成したクリィミーマミの髪型」

――『きまぐれオレンジ☆ロード』(87~88年)への参加は、どういう経緯から。

高田 原作者のまつもと泉さんは『魔法の天使 クリィミーマミ』が好きで、アニメ化が決まった時に指名があって始まった感じですね。最初に絵を見た時は「私よりも、いのまた(むつみ)さんに頼んだほうがいいんじゃないか」ってちょっと思ったりもしたんですが。

――まつもとさんはポップで軽い印象の絵でしたからね。一方、高田さんが再構築したキャラクターはかなり肉感的というか。

高田 やっぱり『うる星やつら』の影響があったんでしょうね。『クリィミーマミ』も、かなり『うる星やつら』を引きずっていて、しかも『マミ』は人形的な存在にするために少女体型を意識していたので、その反動でキャラのラインがしっかりした感じになったんじゃないでしょうか。『うる星やつら』はあまりバリエーションのあるイラストを描く余裕がなかったんですけれど、けっこうお任せだった『オレンジロード』はどっちかというと芸能プロの社長みたいな感覚で、「預けてもらった大事なタレントをどう売っていこうかな」みたいな視点で描いていました。

――前の話にもありましたが『オレンジロード』はセクシーなイラストも多かったですね。

高田 CDを出していたユーメックスの女性担当の方がかなりイケイケな人で、「じゃあ今度はこういう路線を狙ってみようか!」と次々とそういうシチュエーションを注文してくるんですよ。「恥ずかしい!」って言いながら描いていました。

――続く『機動警察パトレイバー』(88~89年)は、押井守監督、伊藤和典さん、ゆうきまさみさん、出渕裕さんと結成した「ヘッドギア」というユニットで取り組んだOVA作品で、その後も劇場版・TVアニメシリーズほか様々な展開を見せることになります。

高田 そもそもは、当時みんなで仲良く旅行に行ったりして遊んでいたんですよ。昼間は温泉、夜は暖炉の前でトランプの大貧民を楽しんでいたんですが、夜も長いものですから暇つぶしに「企画ごっこ」をやるのが流行ったんです。まずゆうきまさみさんが考えていたネタ帳みたいなのがあって。伊藤君がそこに第二小隊の設定を作って、私やブッちゃん(出渕氏)であれこれとラフを描いていく、みたいな。そこでだいたい形にできたところで、私の家で開いたクリスマスパーティーでプロデューサーの鵜之澤伸さんにプレゼンしたところから、すべてが始まりました。話が軌道に乗って制作に入る段階で「意外と予算と納期を守る」押井さんを呼んでヘッドギアが揃いました。

――すごくカジュアルな感じで動いて行ったんですね。当時高額というイメージだったOVAが、ブロックバスター価格で発売されたのも衝撃的でした。

高田 ソフトの価格が安いから現場の予算もないわけですよ。だから当時の私たちはほぼノーギャラで働いていました。「儲かったら(5人を)ハワイに連れて行く」って鵜之澤さんは言ったんですけれど、結局行ってないんですよ。おかしいなぁ、確かヒットしましたよね?(笑)

――大ヒットですよ(笑)。そういえば以前、押井監督と鵜之澤さんが対談されていた際に、同じように「ハワイに連れて行かなかった」と押井監督が文句を言っていました。

高田 でしょう? きれいな海に潜るのが好きで南の島はよく行きますけど、ハワイにだけは行ったことがないんですよ! もう一生言い続けますから(笑)。

――『パトレイバー』といえば先日、劇場版1作目の4DX上映がありましたが大好評でしたね。

高田 結構お客さんが入ったんですよ。私が聞いたのでは7回観た猛者がいたという。内容的にも静と動のメリハリがあって、本当に4DX向きの題材でしたね。

――『パトレイバー』の人気がここまで高まった理由をどう考えていますか。

高田 まずイングラムがカッコいいですよね。見るものの心理的影響まで考えて作られた、αにしてΩ、究極のデザインだと思います。あとキャラクターの配置も絶妙です。まさか後藤までもがこんなに人気が出るとは思いませんでしたから。

――なんと10月には後藤のキャラクタームックも出るらしいですね。

高田 そうなんですよ。今や「理想の上司」みたいな扱いをされているのが信じられなくて(笑)。今回のムックは表紙イラストを描き下ろしたんですが、一生懸命便所サンダルの画像をネット検索して頑張りました(笑)。

――しかし、ああいうキャラが人気なのも『パトレイバー』ならではですよね。特別なヒーロー・ヒロインがいるわけではないのに……。

高田 『パトレイバー』の場合はキャラのことを「美男・美女」という扱いにはしないことになっていますし、私も野明のことは一応かわいく描いているつもりですけれど、むしろ「人間」としてどうかというところが大事なところだと思っていますから。

――わかります。一連のイラストのシチュエーションを見ても、日常のふとした1コマを切り取ったような内容が多いですから。さらに『パトレイバー』は新作アニメの企画も進行中なんですよね。

高田 はい、今はまだ詳しくはお話できませんが、楽しみにしていてください。

――しかし、高田さんのキャラクターはどれも長きにわたってたくさんの人に愛されていますよね。キャラクターを作るにあたり、高田さんが特に大事にしていることは何でしょうか。

高田 気に入った顔ができないと絵が描き進められないっていうのはありますね。顔を決めるということは、キャラクターの性格=心みたいなものを形にしていくことだと思いますので。別のところでも言っていますが、「キャラクターデザインってどんな仕事ですか」と聞かれると「魂の器をデザインすることです」と答えています。

――それはやはり手を動かして、描きながら探っていくものなんでしょうか。

高田 そうですね。描いていく中で、思った以上の存在になることもありますしね。

「魔法のステージ ファンシーララ」(C)ぴえろ・バンダイビジュアル

――では、キャラクターの着想にあたって、他の何かからインスパイアされることはありますか。

高田 Facebookで目に留まった人物や風景、デザインパターンみたいなものも含めてキレイな写真・画像を保存しています。そのまま描くことはなくても、それを見ることで何かが頭の中にストックされるというか。

――先ほど高田さんのiPadを見せていただきましたが、確かに画像がギッチリ入っていましたね。

高田 あと気分転換は寝たり美味しいものを食べたり、落書きしたりとか。こないだGUでポケモンコラボのTシャツが出たんですが、レディースはあっという間に売り切れて、しかたなくメンズのものを買ったんですが、ちょっとデザインがつまらないなって思って、こちらでイラストにいろいろ手を加えたりして。こういうことが息抜きになっています。

――休む時間も描かれるわけですね(笑)。ちなみに、1日の中で絵を描く時間はどれくらいとってらっしゃるんですか。

高田 割にボヤっとしています(笑)。寝ていてムクッと起きて描いて、またバタッと倒れて休んだり。色を塗る段階になったら、集中してやるんですが、ラフスケッチの時は非常にダラダラとやっています。かなり煮詰めないと描けないですし、描いてはちょっと時間を置いて「やっぱり直そう」みたいな感じでやっていますから……働き者と言うほどの自信はないですねぇ(笑)。

――いえいえ、これだけのお仕事をこなされているのですから、その言葉は受けとれませんよ(笑)。では改めて今回の『Angel Touch』、画集と展覧会で高田さんがファンに楽しんでもらいたい、見てもらいたいポイントはありますか。

高田 今回の展覧会は作品の幅はもちろんですが、展示も200点とかなり大きなものとなります。40年分の絵を見ながら当時のことをいろいろ思い出してもらったり、お友だちと一緒に語り合ったり、お子さんに「マミちゃん、かわいいでしょ」なんて見せていただいたり(笑)、そういうことをしていただければ。自分としては平和な、優しいメッセージを伝える絵を描きたいと思っているので、そういう気分と空間を展覧会に来た人、画集でイラストを見た人に共有していただければ嬉しいですね。

――東京でも同じような規模で開かれる機会があるといいんですが。

高田 倉敷での反応如何で、次の展開があるかもしれませんね。こういう状況ですから予断は許されませんが、うまく機会ができれば現地にも行きたいと思っています。もっとも、私、岡山県がどこにあるのかわかっていなくて。最初、関西とか近畿と思っていたら「違う!」って言われて。

――……中国地方ですよ。

高田 そうなんですよ……あまりに恥ずかしいので、これを機会にちゃんと日本地図を覚えることにしました。岡山、もう場所はバッチリなので!(笑)

高田明美(たかだ・あけみ)
1970年代後半に、アニメ『ヤッターマン』のゲストキャラクターデザインを務めて以来、キャラクターデザイナーとしての活動は40周年を越える。代表作は『魔法の天使 クリィミーマミ』『うる星やつら』『きまぐれオレンジ☆ロード』『機動警察パトレイバー』など多数。現在でも展覧会で各作品の新作を発表したり、新企画のキャラクターデザイン、イラストなどを手掛けている。

当記事はアニメージュプラスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ