宮沢氷魚&大鶴佐助の二人芝居『ボクの穴、彼の穴。 The Enemy』のライブ配信が決定

SPICE



2020年9月17日(木)~23日(水)に東京芸術劇場 プレイハウスにて上演される舞台『ボクの穴、彼の穴。 The Enemy』が、ライブ配信されることが決定した。ライブ配信されるのは、9月21日(月・祝)18時公演。PARCO劇場がオンラインで演劇の魅力を伝えるプロジェクトPARCOSTAGE@ONLINEとして行われる。

本作は、松尾スズキが初めて翻訳を手掛けて話題となった絵本をもとに、ノゾエ征爾が翻案、脚本、演出を手掛け、2016年、旧PARCO劇場の「クライマックス・ステージ」を飾った傑作舞台の再演。前作に引き続き、演出はノゾエ征爾。新たな「ボク」と「僕」には、新生PARCO劇場のオープニング・シリーズ第一弾『ピサロ』にて、太陽の息子・インカ王アタウワルパを堂々と、神々しく演じた宮沢氷魚。そして同作品で将軍ピサロの小姓マルティンを繊細に表現した大鶴佐助が演じる。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ