神木隆之介、サザン桑田佳祐を「桑田君」と呼んでいる理由を明かす

※画像は、フジテレビ公式Twitter(@fujitv)より

 

9月9日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に、俳優の神木隆之介が登場。事務所の大先輩であるサザンオールスターズの桑田佳祐を「桑田君」と呼んでいるという神木が、桑田を「君付け」で呼ぶようになった、ある意外過ぎるエピソードを語った。

 

「なぜなら僕、ジャニーズに憧れててさ」

2歳から芸能界で活躍している神木が「一番ビビった」人物は、「事務所の大将」でもあるサザンオールスターズの桑田佳祐。サーファーだった両親が「サザンと共に生きてきたような人」だったことから、小さい頃からずっとサザンを聴いて育ったという。以前、アミューズが開催するフェスでパーソナリティを務めた時に、「我々にとっては神様。なのに、『あっよろしくね!よろしくお願いします』っていって、僕らに、当時子どもだったのに」と、丁寧に挨拶をしてもらったと熱く語る神木。「しかもですよ!僕、桑田さんのこと『桑田君』ってよばせてもらってて」と神木が明かすと、2人の意外な関係性に驚くTOKIOメンバー。「調子に乗んなよ!神様だろ」と国分太一が釘をさすと、神木は「違う違う!」と笑顔で否定した。

 

神木は桑田を「桑田君」と呼ぶようになったいきさつを語り始める。「ある日、雑誌の取材を受けた時にお会いして、『そういえば神木君、僕のこと桑田君って呼んでほしいんだ』って。『えっ?なんでですか?そんなおこがましですよ』『いやいや、本当に呼んでほしい。なぜなら僕、ジャニーズに憧れててさ』」と一人二役で当時を振り返る神木。「先輩後輩の『君付け』ってさ、すごくいいと思うんだよね。あれやりたくて。呼んでもらっていい?」と、ジャニーズのシステムに憧れた桑田が、神木に「君呼び」をお願いしたと明かした。

 

「むしろ、それで拒否して『桑田さん』って呼び続けたら逆に失礼だなって。ご本人からなので。『じゃあ、わかりました。桑田君って呼ばせていただきます』ってなった」と、桑田のたっての希望で「桑田君」と呼び続けていると語る神木であった。

 

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ