逆さ吊りは遊び!?華原朋美の愛息“ベビーシッター被害”で高嶋ちさ子の言い分

アサジョ

2020/9/11 13:15


 歌手の華原朋美が昨年8月に生まれた愛息のベビーシッターを巡り、バイオリニストの高嶋ちさ子とトラブルになっていると、9月11日発売の「FRIDAY」が報じている。

記事によると、華原は昨年生まれた長男の世話を親しくしている高嶋から紹介された70代の女性ベビーシッター・Aさんに任せることに。Aさんは高嶋の子どもの世話もしていた経験があるということで、華原も信頼して任せていたが、Aさんの言動に度々不審に思う点があったため、華原が部屋に設置したカメラに録画された画像を確認したところ、Aさんが長男の両足をつかんで逆さづりにしている場面が映っていたというのだ。

長男は哺乳瓶を口にくわえたままで逆さづりにされていたほか、Aさんの膝の上で揺さぶられている様子も映っていたというから驚きだ。

驚いた華原はAさんとの契約を解除し、高嶋にもLINEで件の画像を送って相談したという。ところが高嶋からの返信は「これのどこが虐待なの?うちもこれ大好きでいっつもやってもらってた」と、Aさんの行為は赤ん坊をあやす範疇のものだとし、「もしもこれを虐待と取るのだとしたら、おかしいよ」と、逆に華原の考え方を否定する内容が綴られていたというのだ。

「FRIDAY」の直撃を受けた高嶋は、テレビで見せる強気な態度とは真逆の及び腰で「ちょっと待ってください。あちらの事務所の方とお話ししてみます」と語ると、自宅駐車場に入っていったまま戻ってこなかったというが…。

「高嶋さんと言えば、豪快な物言いや子どもへの厳しい躾に関する発言で知られていますが、さすがに今回のベビーシッターの行為は危険を伴うのもので、“あやし”や“慰撫”の範疇を超えています。ベビーシッターに悪意はなかったのかもしれませんが、非常識な振る舞いであったと批判されてもしかたがないですね」(女性誌ライター)

一方の華原は「今でも信じられないです」「高嶋さんのことは信頼していただけにショックです」と動揺する心の内を明かし、しばらくは息子の健康状態を見守りたいと語ったという。

「40代半ばになって初めて子どもを授かった華原さんとしては、そのショックの大きさは想像に難くありません。高嶋さんからはまだ謝罪の言葉はないという点が気がかりですが、今後大きなトラブルに発展する可能性もありそうです」(前出・女性誌ライター)

今後、高嶋やAさんはどのような釈明をするのか。注目したい。

(石見剣)

当記事はアサジョの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ