神木隆之介“目の充血”に様々な憶測「三浦春馬くんのことで泣いたばかり?」

まいじつ

2020/9/11 11:01

神木隆之介 
(C)まいじつ 

9月9日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に、俳優の神木隆之介がゲスト出演。彼の目元が若干赤くなっていたことを、今年7月に亡くなった三浦春馬さんと関連づける視聴者が続出した。

番組の冒頭で神木は、「ご無沙汰です!」と元気よく『TOKIO』のメンバーに挨拶。今年で芸歴25年ということで、国分太一から「大ベテランってなると大体NG無くなりますからね」とイジられていた。そんな国分の言葉の通り、神木は親友の『Hey!Say!JUMP』山田涼介に関するエピソードなど、プライベートなことについても赤裸々に告白。彼が番組に出るのは1年半ぶりとのことだが、『TOKIO』のメンバーと共に和気あいあいとトークを繰り広げている。

一見、元気で明るい普段通りの神木に思えたが、一部のファンからは、

《なんか泣いた後みたいな赤い目をしてるのは気のせいかな?》
《目が赤いし、いつもより笑い方が元気ない感じ》
《神木くんの目の充血が気になる》
《『TOKIOカケル』の神木くん、目が赤いけど大丈夫?》

などと心配する声が。確かに彼の目をよく見てみると、白目の部分が若干充血しているようにも見えた。

三浦春馬さんの一件で泣きはらした?


また同番組は〝収録〟のため、視聴者の間では、

《神木隆之介くん、三浦春馬くんのことで泣いたばかりなのかなぁ…》
《いつ収録されたのかはわからないけど、三浦春馬さんが亡くなった後なんだろうか》
《春馬くんのことがあった日と、収録日が近かったのかも》

といった憶測が。本当に神木の目の充血は、三浦さんの死が原因なのだろうか。

「たしかに神木は、生前の三浦さんと親交があることで知られており、ドラマ『ブラッディ・マンデイ』(TBS系)で共演したこともありました。実際に神木は公式YouTubeチャンネルでの動画配信を延期するなど、活動に影響が出るほどの衝撃を受けたことがうかがえます。ただ今回の神木の様子を三浦さんの死と結び付けるのは、少し強引すぎるのではないでしょうか。神木を心配するファンの気持ちもわかりますが、勝手に気持ちを代弁するのは本人にとっても迷惑だと思われます」(芸能記者)

今後も神木の心境については様々な憶測がされると思うが、できるだけフラットな目線で見守っていきたい。

当記事はまいじつの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ