林遣都、恋の相手役で有村架純と本格初共演「大事に作っていきたい」


俳優の林遣都が、カンテレ・フジテレビ系ドラマ『姉ちゃんの恋人』(10月27日スタート、毎週火曜21:00~)に出演することが11日、明らかになった。

両親・彼氏ナシで、ホームセンターで働きながら弟3人を養う27歳の“肝っ玉姉ちゃん”桃子(有村架純)の恋が、家族に、友人に、職場の人々に、そして、意中のワケあり男に、小さな幸せの連鎖を起こしていく同ドラマ。

林が演じるのは、桃子と同じホームセンターの配送部で働く31歳の吉岡真人。フォークリフトの腕が良く、夜勤の仕事も真面目にこなしている。普段はホームファッション売り場で働く桃子との接点が無いが、店舗内の各部署から選出されるクリスマスプロジェクトのメンバーとなったことがきっかけで、桃子と出会う。性格はまるで違うが、どこか価値観が似ている相手に次第に心ひかれ合う2人だったが、真人には自分の心を縛る「ある秘密」があって…。

脚本の岡田惠和氏による当て書きのキャラクターで、林は「こんなに幸せなことはありません。『これぞ、岡田さんの世界観!』というか、登場人物一人一人が生きていて、輝いていて、読んでいる側の想像力に働きかけてくれる脚本なので、演じるのがすごく楽しみです」と期待をコメント。

初めて本格的に共演する有村については「間違いなく日本を代表する女優さんだと思いますし、有村さんとの掛け合いは心を通わせてお互いが演じなければいけないと感じていますので、しっかりとコミュニケーションを取りながら大事に作っていきたいです。そういった意味でも、この吉岡真人は演じがいのある役だなと思っています」と語る。

その上で、「間違いなく日本を代表する女優さんだと思いますし、有村さんとの掛け合いは心を通わせてお互いが演じなければいけないと感じていますので、しっかりとコミュニケーションを取りながら大事に作っていきたいです。そういった意味でも、この吉岡真人は演じがいのある役だなと思っています」と呼びかけた。

岡光寛子プロデューサーは「以前ドラマでご一緒させていただいて以来、全幅の信頼を置く林遣都さん。突っ走り姉御キャラ・桃子を演じる有村架純さんとの組み合わせは、『愛らしい2人になりますね』と、脚本の岡田惠和さんとも想いが重なり、今回オファーをさせていただきました。真面目で真摯(しんし)、色んな人の気持ちを理解しようとする林さんの人間力が魅力的で、再びご一緒できることに喜びを感じています。岡田さんが描く世界で生きる吉岡真人という男、そして有村架純×林遣都という新鮮な2人の化学反応にぜひご期待ください!」と話している。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ