ふたりきりのときに甘えてくる彼氏ってアリ? それともナシ?




カップルには、人に言えない秘密もあるはず。とくにみんなの前では友達みたいだけれど、ふたりきりになるとラブラブ……なんてケースも多いでしょう。
でも「自分が甘えるのはいいけれど、彼から甘えられると冷めちゃう」なんて女性もいるのでは? そこで今回は、ふたりきりのときに甘えてくる彼氏は「アリ」か「ナシ」か、それぞれリサーチしてみました!

甘えてくる彼氏は「アリ」派の意見

心を開いてくれているみたいでうれしいから

「人前で甘えられるのは恥ずかしいけれど、ふたりきりなら全然アリ! むしろオンオフの区別がなかったら、物足りなく感じちゃいますね。『私を信頼して甘えてくれているんだな』ってうれしくなります」(20代/接客)

▽ 常にそっけなくてクールだと、あまり愛されている実感が湧かないかも? 壁を作られているようで切なくなります。一方でふたりきりのとき限定で甘えてくる彼は、何ともかわいらしいもの。いつもとのギャップにドキッとしそうですね。

カップルの醍醐味だから



「お互い素直になれるのがカップルの醍醐味じゃない? だから甘えたいときは遠慮せず甘えてほしい! たまに彼が『仕事疲れちゃった~』と私に抱きついてくるんですが、好き度がアップしますね」(30代/営業事務)

▽ 片思い中って、相手の反応が怖くて本音を伝えられないもの。それがもどかしくもありキュンキュンするのですが、両思いになったらそれなりにラブラブしたいですよね。定期的に「大好きだよ」と伝えたりハグをすることで、マンネリ回避にもつながるでしょう。

甘えてくる彼氏は「ナシ」派の意見

どちらかと言うと甘えたいタイプだから

「私は彼氏に甘えたいタイプなので、向こうからベタベタされるのが苦手。とくに『ねーねー!』って言いながら体を触られると『面倒くさいな』って思っちゃう。一応『どうしたの?』って声はかけるけれど、内心冷めちゃっています」(20代/教育)

▽ 彼氏がたまに甘えてくる程度ならいいですが、おうちデートで毎回……となると、さすがに受け入れられない女性もいるみたい。とくに自分が甘えたいタイプだと不満が募っていきます。「私とは相性が合わないんだな」と思うようです。

独特な言葉遣いは引いてしまうかも…

「尊敬していた先輩と付き合えることになったのですが、『今日も仕事疲れたニャン!』とLINEが送られてきてドン引き。カッコいい先輩のイメージが崩れてしまった」(20代/広告)

▽ 方法にも種類があります。たとえば抱きついてきたり、「もう少し一緒にいてほしい」とおねだりする程度なら萌えますが、赤ちゃんやニャンニャン言葉系は引いてしまうかも……。
とくに憧れていた彼の場合、余計「え、想像していたのと違うんだけど……」と拒否反応が出てしまうようです。

当記事は女子力アップCafe Googirlの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ