FAITH、未練に別れを告げる新曲「Headphones」のMVを公開 初の無観客生配信ワンマンライブを10月に開催

SPICE


長野県伊那市発、平均年齢20歳の男女5人組バンド・FAITHが、9月2日に配信リリースしたシングル「Headphones」のMVを公開した。

黒柳勝喜氏が監督を手掛けている今作は、“かつての恋人に対する未練を吹っ切ろうと葛藤する主人公”のストーリーを、ヘッドフォンをモチーフに描いた等身大のポップな1曲。バンドのYouTubeでは、メンバーが完成したMVを初めて視聴した際のリアクション動画も公開されている。

また、ボーカル・Akari Dritschler(アカリ ドリチュラー)は、楽曲が生まれた背景について以下のように語っている。

Akari Dritschler コメント


“Headphoens” ~Behind The Lyrics~

1度は本気で好きだった相手に恋人ができたらしい。
視界に入ることで思い出してしまうものは全部捨てたけど、
形見か何かのように思えて捨てられないものがいくつかあって。

思い出して悲しくなったり幸せを願ったり。
なんで未練もないはずの今もまだ、あの人のことを考えて感情を使うハメになってるのか。
結局理想を叶えられなかった私と、いとも簡単に叶えたあの子が羨ましくて悔しくて
絶対に幸せになってやるんだって決めた瞬間。

今まで前に進むと言いつつ踏み出すことに躊躇していた、
StargazerやCaught Up in Timeの女の子にも終止符を打つものです。

1つの想いを捨てることは、始める時と同じくらい勇気のいること。



FAITHは、リリースを記念して10月16日(金)に初の無観客生配信ワンマンライブ『FAITH Special Online Show “Pre-independence Diary” at 代官山UNIT』を開催する。本日よりチケットの受付が開始となった。

そして、リリースを記念してバンドの公式Twitterでは現在応募者全員プレゼントキャンペーンを実施中。本日新たに、LINE MUSICにてBGMキャンペーンの開始が決定。当選者にはメンバーサイン入りポスターが抽選で10名にプレゼントされるとのこと。さらに、9月15日(火)から全国の対象CDショップにて旧譜キャンペーンの開催が決定。対象作品を購入すると、オリジナルマグネットシートが先着でプレゼントされる。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ