彼女がいる男性を好きになった時の対処法

ハウコレ

2020/9/10 19:00

好きになった男性に彼女がいた...…。なんて、ドラマや映画だけの話だと思ったら大間違い!いわゆる「三角関係」で悩む女性は意外と多く、深刻なトラブルにつながることも少なくありません。

「好きな男性に彼女がいた。でも気持ちはとめられない!」とお悩みの女性のために、気持ちの落ち着かせ方についてお伝えしていきます。

■三角関係になりやすいパターンって?
現実でも起きやすい恋愛の三角関係。後々までややこしくなるためできればさけて通りたいところですが、気がつかないうちに三角関係に陥ってしまうパターンもめずらしくありません。

三角関係になりやすい典型的なパターンについて見ていきましょう。

■グループ内で三角関係になる
大学のサークルや職場など、せまいグループ内で三角関係になるパターンはよくあります。この場合、三角関係の噂はすぐ広まってしまいますし、友人と同じ男性を好きになってしまうと人間関係も壊れてしまいます。

■紹介された男性が実はまだ彼氏だった
友人の紹介で知り合った男性が実はまだその友人と別れていなかった...…。というケースもけっこうあります。ちょっと複雑なパターンですが、友人との関係が難しいほど対処法が難しくなります。

■「男2:女1」のパターンもある
ふたりの男性がひとりの女性を取り合うパターンです。男性ふたりが女性にとって共通の知り合いだったりすると関係性はより複雑になり、お互いに気まずくなってしまいます。

■三角関係に気づいた時の女性の対処法
三角関係に気づいた場合、女性としてはどのような対処法が正解になるのでしょうか。お互いが傷つくことのないよう、対応をシミュレーションしておきましょう。

■自分から身を引く
三角関係を丸くおさめたいのなら、自分から身を引くのがいちばんです。

とある女性誌のアンケートによると、日本では44%の女性が三角関係に気づいた際には「潔く身を引く」と答えています。

自分から身を引くことで彼氏との関係も気まずくなりませんが、少しでも未練が残っていた場合には一方的に辛くなってしまいます。

■自分の気持ちを優先する
三角関係に気づいたとしても諦めず、男性が振り向いてくれるまでアプローチしつづけるのも選択肢のひとつです。

相手の女性が知り合いではなかった場合は後々気まずくなるリスクも少ないため、「どうしても諦めきれない!」というケースでは有効になる可能性もあります。

ただ、あまりしつこすぎるとストーカーになってしまうので、自分なりの引き際をつねに用意しておきましょう。

■中途半端はダメ!まわりの気持ちも考えて三角関係を整理!
三角関係は長引くほど気まずくなりますし、親友との関係が壊れてしまう可能性もあります。彼女がいる男性を好きになってしまうのは仕方ありませんが、恋愛には理性も大切です。

男性や相手の女性との関係、まわりの状況を考えつつ、自分の気持ちと上手に折り合いをつけられる対処法をシミュレーションしておきましょう。(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ