甘やかしすぎ注意・年下男子と上手に付き合うための注意点4つ

愛カツ

2020/9/10 12:45


年下男子って可愛いし、ときには頼りになる……女子からの人気も高いもの。

しかし、その一方で年下男子と付き合うことで悩むことも色々あるようです。

今回は、そんな年下男子と上手にお付き合いをするために「注意したいポイント」をご紹介します。

一緒に見ていきましょう!

甘やかしすぎ注意・年下男子と上手に付き合うための注意点4つ

■ 1.「お姉さん、奢って」に応じる必要なし

とくに彼が学生だったり、社会人になって年数が浅かったりする場合、彼から甘えたように「お姉さん、奢って」と言われるかもしれません。

現在30代のA子さんは、20代半ばの頃に付き合っていた大学生の彼に、毎回「奢って」と言われていたそうです。

しかもその彼は、A子さんに食事代だけでなく、当然のようにホテル代や交通費まで全額支払わせていたというから驚きです!

そのことに我慢ならなくなったA子さんは、ほどなくして彼に別れを切り出したそうです。

恋人として付き合っていくには、お互いの関係が対等であることが条件でしょう。

いくら彼が年下でも、「お姉さん奢って」に全て応じる必要はありません。

■ 2.「おばさん」呼ばわりを我慢する必要なし

自分の方が若いことに優越感を抱き、年上の彼女を「おばさん」呼ばわりしてくる年下男子は、なぜか一定数存在します。

とくに彼女が30代も半ばに差しかかる年齢の場合、彼が2~3歳年下とそれほど年齢差がない場合でも、出産のタイムリミットなどを持ち出し「もう手遅れじゃない?」などと言ってくることがあります。

「あなたも大して変わらない年齢なのだから、同じく手遅れである」ということを伝えても、「男は何歳になっても手遅れではない」と信じているため、態度が改善されない場合も多々……。

このような男子は、残念ながら長く付き合って結婚しても、「年上」というだけであなたを「おばさん」呼ばわりし続けるでしょう。

不愉快な気分を味わい続けるのが嫌なら、早めに見切りを付けることをおすすめします。

■ 3.お付き合いの主導権を握って

年下男子は年上の彼女に甘やかされたい、引っ張って欲しいという願望を持っていることが多いです。

とくに付き合い始めの頃は、彼女に会話やデートをリードして欲しい!と考えていることも多いもの。

また、彼に甘えるだけでなく、ときには女子側が自然に主導権を握ってリードしてあげることができるのは、年上彼女の特権でしょう。

さらに、結婚を考える段階になると、女性が主導権を握っておいた方が後々の結婚生活がうまくいきやすくなる場合も。

年上彼女の特権を活かして、お付き合いの主導権を握ってみてくださいね。

■ 4.お付き合いの先を見据えて付き合って

彼との付き合いが少し長くなってくると、付き合い方のベクトルの違いを感じることがあります。

たとえば、あなたはゆくゆくは彼と結婚したいのに、若い彼はまだまだ結婚は考えられないといったケースです。

また、彼が若いゆえに気まぐれで、他の女の子にも目がいってしまって……ということもあるでしょう。

男女のお付き合いで、しかも年齢差もあるので多少はそういったズレが起こるのは仕方がないでしょう。

しかし、あまりにも付き合い方の方向性が違いすぎる場合は、今後も付き合い続けていくかどうかを見直す必要があるかも知れません。

■ バランスのとれたお付き合いを

彼が年下の場合に限りませんが、あなたが色々我慢して振り回されてばかりでは、良い関係は築いていけないはず。

良好な関係を築いていくためには、何でも言い合えて、どちらかが我慢をするといったことがないのがベストでしょう。

(Nona/ライター)
(愛カツ編集部)

当記事は愛カツの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ