完売回もオンラインで観られる!自宅で「ぴあフィルムフェスティバル」を楽しもう

ウレぴあ総研

いよいよ、9月12日(土)から開幕する第42回ぴあフィルムフェスティバル。例年通り、東京・京橋にある国立映画アーカイブの大スクリーンで数々の作品が上映されるが、今年はさらにオンラインでの上映が決定!

例年、PFFは関東圏だけでなく全国から映画ファンが会場に集結しているが、コロナ渦で遠征できないファンも多いはず。今年は会場とオンラインの2WAYで存分に作品を楽しめそうだ。

今年は前売券のみ! チケット発売中

第42回ぴあフィルムフェスティバル

9月12日(土)~26日(土)[月曜休館]

会場:国立映画アーカイブ(東京都中央区京橋3-7-6)

チケット購入はこちら

0570-02-9999 (Pコード:551-184)

※各回とも上映前日の23時59分まで発売

※発券手数料、システム手数料は、一切掛かりません。

※チケットの払い戻し、交換、再発行はいたしません。

※チケットは会場では発券できません。必ず発券して会場までお越しください。

■世界最大級の自主映画コンペ“PFFアワード2020”全入選作品がオンライン配信!

応募作品の長さやジャンル、応募者の年齢などの制限が一切ない世界最大級の自主制作映画のコンペティション“PFFアワード”は作り手の想いがギッシリとつまった映画館で観られない熱くて、唯一無二の作品が集まる部門だ。

今年も480本の応募があり、その中からセレクションメンバーが繰り返し鑑賞し、議論を重ねて17の入選作品が決定。

すべての作品が国立映画アーカイブで2回ずつ上映され、最終審査員によって各賞が決定するが、今年はこの17作品すべてがオンラインで鑑賞できる!

配信は映画祭初日の9月12日(土)から10月31日(土)まで。

映画祭の期間中にすべてを配信して自分が審査員になった気持ちで自分だけのグランプリを決めるもよし、各賞が発表になったあとで気になる作品をじっくり鑑賞するもよし……全作品見放題のプランも用意されており、入選作品を繰り返しじっくりと楽しむことができる。

「PFFアワード2020」入選作品オンライン配信

【配信期間】

9月12日(土)11:00~10月31日(土)23:59

【配信プラットフォーム】

(1) DOKUSO映画館

⇒ゴールドメンバー会員(月額980円)に加入すると全作品観放題

(2) uP!!!

⇒入選作品17本を1作品 300円にて配信

⇒auスマートパスプレミアム会員(月額499円)に加入すると全作品観放題

※詳しくは「第42回ぴあフィルムフェスティバル」公式サイトをご覧ください。

■チケット完売の回も今年はオンラインで楽しめる!

今年のPFFは新型コロナウイルス感染予防のための消毒や検温、換気を徹底し、定員数を約3分の1に制限し、ソーシャル・ディスタンスを確保して実施されるため、前売り券のみ当日券の販売は行われない。

そのため、早くもチケットが完売してしまったプログラムが出ているが、その中から数作品を24時間限定でオンライン配信する。

注目のロイ・アンダーソン監督特集から日本未公開の「短編プログラム」と『ギリアップ』をオンライン配信。

さらに第25回PFFスカラシップ作品『猫と塩、または砂糖』の世界初公開上映の回もチケットが完売したため、配信を行う。

チケット完売プログラム24時間限定配信

【配信プログラムと配信日時】※配信日と上映日が異なるものがあります

(1) ロイ・アンダーソン監督特集 (監督のビデオメッセージ付き)

・「短編プログラム」*日本未公開作 9/22(火)18:30~23(水)18:30

・『ギリアップ』*日本未公開作 9/23(水)18:30~24(木)18:30

料金:950円 ※uP!!!で視聴の場合、auスマートパスプレミアム会員は500円

(2) 第25回PFFスカラシップ作品 *会場チケットは完売。オンライン配信でお楽しみください。

・『猫と塩、または砂糖』 9/24(木)18:30~25(金)18:30

料金:1600円 ※uP!!!で視聴の場合、auスマートパスプレミアム会員は950円

【配信プラットフォーム】

(1) PIA LIVE STREAM

(2) uP!!!

※詳しくは「第42回ぴあフィルムフェスティバル」公式サイトをご覧ください。

■最終審査員も決定!

そして、映画祭開幕を前に、PFFアワードの最終審査員も決定した。毎年、映画監督や俳優、プロデューサー、芸術家など幅広いジャンルの審査員がアワードの審査にあたるが今年は

・大森立嗣(映画監督・俳優)

・齊藤工(俳優・映画監督)※2年連続

・樋口泰人(プロデューサー)

・平松 麻(画家)

・古厩智之(映画監督)

の5人が最終審査員に決定。

俳優で映画監督の齊藤工は2年連続で最終審査員に就任。映画監督の古厩智之は1992年のPFFで『灼熱のドッジボール』がグランプリを受賞した経験があり、今年は審査員として映画祭に帰還する。

審査結果は9月25日(金)に行われる表彰式で発表され、グランプリだけでなく各賞が決定。

翌日には会場で準グランプリ、グランプリ作品の上映も行われるが、オンライン配信を利用すれば受賞結果発表後にいち早く自宅で作品を楽しむことも可能だ!

今年は前売券のみ! チケット発売中

第42回ぴあフィルムフェスティバル

9月12日(土)~26日(土)[月曜休館]

会場:国立映画アーカイブ(東京都中央区京橋3-7-6)

チケット購入はこちら

0570-02-9999 (Pコード:551-184)

※各回とも上映前日の23時59分まで発売

※発券手数料、システム手数料は、一切掛かりません。

※チケットの払い戻し、交換、再発行はいたしません。

※チケットは会場では発券できません。必ず発券して会場までお越しください。

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ