伊勢谷友介の逮捕で『未満警察』が配信停止 公開待ちの『とんかつDJアゲ太郎』は?

wezzy


 俳優で実業家の伊勢谷友介が大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕され、仕事関係者が頭を抱えている。9月5日に最終回の放送を終えたばかりのドラマ『未満警察 ミッドナイトランナー』(日本テレビ系)で、伊勢谷は警察学校の教官役を演じていたが、逮捕報道後すぐにTVerでの配信が停止に。さらにDVD、Blu-rayソフトの販売も見合わせになる可能性があるという。

『未満警察 ミッドナイトランナー』はSexy Zone中島健人とKing & Prince平野紫耀のダブル主演で、ジャニーズ事務所肝煎の作品だった。すでに12月16日に6枚組DVDボックスが発売予定とアナウンスされていたが、「先行き不透明」だと一部スポーツ紙が伝えている。

そのほかにも、伊勢谷が役者として出演し、今後の公開を控えている映画作品は実に5本。直近では10月30日から公開予定で大々的なPRを予定している映画『とんかつDJアゲ太郎』がある。

北村匠海が主演し、伊藤健太郎と山本舞香はこの映画の共演が縁で真剣交際に発展したというおめでたい話も。伊勢谷は貧困生活を送る落ちめのDJオイリー役で、とんかつDJを目指す主人公アゲ太郎(北村)の師匠となる重要な役柄だ。

11月6日からの公開を予定している映画『十二単を着た悪魔』にも伊勢谷は出演。こちらの作品でも伊藤健太郎と共演しており、伊藤も人知れずショックを受けているかもしれない。

そして来年には、超大作『るろうに剣心 The Final /The Beginning』と、吉永小百合主演のヒューマンストーリー『いのちの停車場』が公開を控えている。後者は伊勢谷の出演シーンだけ撮り直しをするという話もあり、前者も出演シーンカットの可能性が高いと見られている。

演者の逮捕で作品が公開延期、あるいは中止の憂き目にあうことはこれまで少なからずあったが、しかし「逮捕された人物が出演している」という理由で作品に関わったあらゆる人々の労力が無に帰してしまうことは惜しく、「予定通りに上映してほしい」という一般消費者の声は年々高まっている。

昨年、電気グルーヴのピエール瀧が違法薬物で逮捕された際も、出演中だった大河ドラマ『いだてん』や上映待ちだった映画の取り扱いは議論になった。結果、大河の出演シーンは一部カットされ、一部は代役を立てて撮り直しに。一方、映画『麻雀放浪記2020』は当初の予定通り、ピエール瀧の出演シーンのカットもなく映画館で上映された。

また、「薬物報道ガイドライン」では、<薬物依存症であることが発覚したからと言って、その者の雇用を奪うような行為をメディアが率先して行わないこと>は避けるべきとされている。伊勢谷の行動が社会のルールを逸脱したとしても、そのことが出演作品の“お蔵入り”に直結していいのだろうか。

当記事はwezzyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ