蒼井優、女優として決意新た「映画に出られる限り、この経験をどうにか還元していきたい」

クランクイン!

2020/9/10 06:30

 女優の蒼井優と俳優の高橋一生が、出演映画『スパイの妻』が第77回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門正式出品されたことを受け、9日にイタリア・ヴェネチアで開催された「ヴェネチア国際映画祭記者会見」に都内・汐留の会場から中継でつないで出席。直後には日本記者向けの会見も実施され、新たな形で参加した感想を明かした。

蒼井が主演を務め、名匠・黒沢清監督がメガホンをとった『スパイの妻』は、戦争という時代のうねりに翻弄されながらも自らの信念と愛を貫く女性の姿を描くラブ・サスペンス。ヒロインの福原聡子役を蒼井、その夫で神戸の貿易商・福原優作役を高橋が演じている。会見には、黒沢監督も登壇した。

新型コロナウイルスの影響により、現地入りできなかった3人。オンラインという異例の形での参加になったが、日本記者向けの会見では、蒼井が「本当に残念」と悲しい表情を見せ、「この状態でも映画は海を渡れるという喜びを噛みしめて、今日は過ごしたい」としみじみ。また、「仕方がない」ともキッパリ言い、「みんなで喜びあうのは、第一に平和や安心安全が一番大切。今年限りであると願いたい」と吐露した。

一方、高橋は、「外国語や鋭い意義のある質問が飛び交っていて。汐留からでもヴェネチアの空気を感じた」と感想を明かし、「残念だという気持ちはありますが、こういった形でも参加させていただいたことを光栄に思いますし、非常にいい経験ができました」とすがすがしい表情で語った。

コンペ部門ということで、世界の俳優や監督と賞を競うことになる。世界の映画人に負けていないところを問われると、高橋は「僕自身は作品の伝えたいメッセージを重視して、お芝居してる」と前置きし、「黒沢さんも蒼井さんとご一緒できて、勉強になり、刺激された。このチームでできたのは誇りに思うので、勝負というよりは見てほしい」と力強くアピールした。

蒼井は自身のキャリアにおいて本作の位置づけを聞かれると、「黒沢組に長く滞在することが目標だったので、まずはそこを経験できたのは自分の中で大きかった」と感謝。さらに「反省するところや勉強になったことがたくさんあって。『こういう風になりたい』という思いを、お芝居を始めた時と同じくらい感じた時間でした」と打ち明け、「映画に出られる限り、この経験をどうにか還元していきたい」と目を輝かえながら女優としての決意を新たにしていた。

映画『スパイの妻』は10月16日より全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ