平均的なサラリーマンが「一番幸せ」になれる方法 第1回 年収400万円でも「豊かさ」を実感できる生き方


○あるべき「幸せ像」などない

幸せの"基準"は、年収や他人からの評価ではなく、本来「自分の中にある」のです。私たちは、ヒトの目を気にし、ヒトのモノサシを気にするようになりました。

しかし、世の中には、自分とは想像も付かない価値観で生きている人がたくさんいて、その集合体で社会は動いています。多様な人がいるからこそ、成り立っているのです。

「男性であれば、総合商社に就職すれば安泰」「40代で年収800万あればすごい」「女性は27歳までに結婚するべきだ」こういった、男性、女性のあるべき幸せ像なども1つの価値観ですが、これらが全ての価値観ではないでしょう。

あなたが「幸せ」と感じる「自分の基準」を大事にしてください。現代社会は、ずいぶんと価値観が多様化し、一人一人が持つ、それぞれの自由な価値観の中で生きることが許されるようになってきています。

今回は、「幸せ」とは、誰かの目から評価されるようなものではないことであり、自分が心の中で「実感」できるもので、その為に何が必要なのかをお伝えいたします。
○自分が思う「豊かさ」を感じるために

「幸せ」とは言い換えれば=自分の心が「豊かさ」を感じている時でしょう。その為に何が必要か。

それは「自律した心」と「自立したお金」です。

「自律した心」で生活を送るとは、自分で自分をコントロールし、自らの意志で行動をできることです。例えば、就職活動の時に人気ランキングの上位の企業や大手企業に就職することが「成功」、「勝ち組」だと思いませんでしたか? しかし、それらは「他人の決めた基準」に自分をはめ込む事であり、決して自律した行動だとは言えません。

それだけが理由ではないですが、新卒で就職した後、3年以内に離職している人は新規高卒就職者で約4割、新規大卒就職者約3割存在しています。※人間は、自分が違和感や居心地の悪さを感じるコミュニティには、長期に渡って所属することはできないのです。※出典:厚生労働省「新規学卒就職者の離職状況(平成28年3月卒業者の状況)」

このようなことに陥らないために、自分なりに納得して前に進める「自分の基準」を持つことで、自分に合った人生の選択をできるようになります。

そして、次に「自立したお金」です。世の中で生きていくために、働いてお金を稼ぐことは必要です。その中で、当然、自由度の高いお金がある程度ある方が「豊かさ」を感じることができます。
○自由に使えるお金の重要さ

自分の好きなモノを購入したり、趣味を楽しんだり、大切な友人とお食事に行ったり、大切な人を思ってプレゼントを買うなど、これらには全て「お金」が必要です。

以下の、好循環サイクルを見てください。

「スキルアップする→収入がアップする→豊かさを感じる→余剰のお金で更にスキルアップ→収入がアップする」

この好循環サイクルをぜひ、あなたの人生に取り入れてください。このサイクルを手に入れるためには、「自主的」に行動しない限り絶対に手に入れることはできません。言い換えれば、あなた次第でもどうとでもなるのです。

例えば、会計に関する資格を取る、プログラミングの技術を習得する、語学を身に付ける、などビジネスシーンで役立つ「スキル」はたくさんあります。こういったものは、ビジネスである一定の「信頼」として評価してもらえます。

評価の積み重ねは、昇進につながりやすいでしょう。さらに、転職の際に給与をUPすることもできます。

また、スキルアップすることで、生きにくいコミュニティや自分とは全く異なる価値観を押し付けられる環境下で働く必要はなくなり、あなたを認めてくれて、必要としてくれるコミュニティで生きることができます。

好循環サイクルを自分の手でつかみ取れば、収入面でも、心の面でも、あなたの人生を「豊か」にしてくれます。

しかし、このような自分を磨く時に必ず「お金」が必要なのです。余裕資金がなければ、自分を磨くことすらできないのです。
○副業を始める

そこで、手っ取り早く収入を増やす方法として「副業」があるでしょう。最近では、ずいぶんと副業を認める企業も増えてきました。

仕事や趣味で培った自分のスキルなどを活用して副業をする人も増えました。ライティング、広報、デザイン、プログラミング、マーケティングなど多岐にわたって、副業ができる世の中になってきています。あくまでも本業に差し支えのない範囲で副業をスタートしてみてはいかがでしょうか。

副業の良さは、今までとは違うコミュニティと接することで、自分の視野もグッと広がります。この視野の広さも「豊かさ」につながると言えます。

案件によっては、あなたの現時点のスキルに合わせた案件からスタートできます。会社では扱わないような案件に副業で挑戦して、新たなスキルを磨く人もいますよ。
○投資を始める

もう一つ、自分の収入を増や方法が投資です。新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、ワークスタイルにも大きな変化が生じています。リモートワークを採用する企業も増えており、通勤時間を短縮できる人もいます。そこで、隙間時間を有効に活用しながら、効率的に収入を増やせる方法の一つが投資。

日本人は自由なお金を確保する時に、選択してしまうのが「余裕」とは真逆の「節約してお金を貯める」といった行動を取ります。節約は大事ですが、働いた分以上にお金が増えることはないので、「余裕のある人生」を送ることは難しいのです。

また、日本ではお金を得ることに対する拒否反応が強い人が存在しています。投資で得た10万円も労働で得た10万円も金銭的な価値は同じです。むしろ、「お金に働いてもらい」収入を得ることは、賢くスマートな生き方でしょう。こういった考え方が「豊かさ」のある人生では必須になってきます。ただし、投資にはリスクもあるので、十分内容を理解したうえでの判断が必要です。

次回以降の連載では、投資を始める時にやってはいけない3つのことを具体的にお伝えしていきます。

馬渕磨理子 日本クラウドキャピタル マーケティング・広報京都大学公共政策大学院卒。日本テクニカルアナリスト。医療法人でトレーダーとして資産運用を経て、現在はフィスコでアナリストとして活動。同時に日本クラウドキャピタルでもマーケティングに従事。プレゼントオンラインの執筆記事の累計は6,000万PV超。TwitterInstagram この著者の記事一覧はこちら

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ