宮野真守、福士蒼汰に「やっと会えたね!」コロナ禍ならではの公演に意気込み


YouTubeライブ会見~浦カチについて語ってみた~が9日にライブ配信され、福士蒼汰、宮野真守、粟根まこと(司会)、羽野晶紀(映像)、井上小百合(映像)が登場した。

ヴィレッヂプロデュース2020 Series Another Style『浦島さん』『カチカチ山』の
YouTubeライブ会見~浦カチについて語ってみた~が9日にライブ配信され、福士蒼汰、宮野真守、粟根まこと(司会)、羽野晶紀(映像)、井上小百合(映像)が登場した。

同作は、太宰治の小説『お伽草紙』を原案にした『浦島さん』『カチカチ山』の少人数芝居。演出は劇団☆新感線のいのうえひでのりが手掛け、福士主演『浦島さん』は倉持裕、宮野主演『カチカチ山』は青木豪が脚色。2022年に公演延期となったいのうえ歌舞伎『神州無頼街』でタッグを組む福士と宮野がこの企画に改めて共鳴し、主演することとなった。『浦島さん』の共演には、福士が『髑髏城の七人』Season月でも座組をともにした劇団☆新感線の羽野晶紀、粟根まことが決定。『カチカチ山』は、宮野と井上小百合の二人芝居となる。同作は全公演「PIA LIVE STREAM」にてライブ配信も行う予定だ。

もともと福士主演、宮野がバディとなり、いのうえ歌舞伎『神州無頼街』を上演する予定だったが、新型コロナウイルスの影響により2022年に延期となった。福士は「最初は宮野さんと一緒にやるということだったのですが、いろんな状況がありまして、一度は無くなったんですが、粋な計らいで。『今、できることがあるだろう』ということで、より強固なタッグで(2022年に)宮野さんと共演したいなと思っています」と意気込む。宮野は「ありがとう! 久しぶり! やっと会えたね! 稽古場も入れ替わりで会えないので、嬉しいです」と福士との再会を喜んだ。

『浦島さん』について福士は「今の社会へのメッセージ性がある。日頃感じてるネガティブな部分だったりポジティブな部分だったりが描かれている」とアピールし、『カチカチ山』宮野は狸役について「ちゃんと汚いし下品だし臭い」と普段のイメージと全く違った役となりそうな様子。福士が「聞いたところによると歌ったり踊ったりしてるんですか?」と振ると、宮野が「あ~福士くん!」と反応し、福士が「これ言えって言われた!」と告白するお茶目な一幕も。
宮野は「僕もびっくりしました。ソロの曲もありますし、踊ったりもしますし、エンタテインメント色の強い舞台になると思います。コミカルなテイストがベースになってますので、テンションの上がり下がりが激しいですね」と表した。

また井上小百合が映像メッセージで「私は見た目は穏やかだけど実は猛毒を持っているスローロリスだと思ってるんですが、自分を動物に喩えると?」と質問すると、宮野は「怖!」と驚きつつ、「犬っぽいと思います。すぐ尻尾ふる」と笑顔を見せる。福士が「僕も犬。自分のことを小型犬と思ってる大型犬」と表すと、宮野は「福士くんと長い付き合いになってきたけど、プライベートで会うと犬っぽいです。ボケたがりなんだよ」と納得。「いい、いい! その話はいいい!」と苦笑する福士の様子に、粟根は「仲良さそうで何よりだよ、おじさんは」としみじみしつつ、「おじさんは、ヘリクツアゴメガネっていう新種の動物」とその場の笑いを誘った。

(c)2020『浦島さん』『カチカチ山』

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ