KREVA主催の“音楽の祭り”『908 FESTIVAL ONLINE 2020』、三浦大知、MIYAVI、JQ、石川さゆりら迎えた豪華“音”の競演オフィシャルレポート

SPICE


9月8日の“クレバの日”にぴあアリーナで開催されたKREVA主催の音楽の祭り『908 FESTIVAL ONLINE 2020』のオフィシャルレポートが到着した。

KREVAが、自身主催の音楽の祭り『908 FESTIVAL ONLINE 2020』をぴあアリーナで開催した。出演アーティストはKREVA、三浦大知、MIYAVI、JQ from Nulbarich、AKLO、PUNPEE、tofubeats、ZORN、更にはスペシャルゲストとして石川さゆりを迎えて開催。

2012年よりスタートし、今年通算9回目となる『908 FESTIVAL』だが、普通のフェスとは違い、出演者全員が新しいことへ挑み、オープニングから途切れることなく、作り上げられる一つのSHOWになっているのが醍醐味。今年も個々のステージはもちろん、出演アーティスト一人ひとりが新しい表現に挑戦し、オンライン視聴で1万人を超える観客を沸かせた。
オープニング
オープニング

晴れてソロのメジャーデビュー16周年を迎えた9月8日クレバの日、舞台は横浜・ぴあアリーナMM。レッドカーペットの上を全身純白のKREVAがステージへと進み、KREBandが奏でるメロウ&ラグジュアリーなサウンドの中で「イッサイガッサイ ~2019 ver.~」を歌いながら、今回の豪華出演者たちを次々に招き入れるオープニングだ。
JQ
JQ
tofubeats
tofubeats
PUNPEE
PUNPEE

まずステージを任されたJQは、甘く滑らかな歌声で心酔させるNulbarich楽曲の数々を経て、大きな連帯を目指す魔法の足し算「One feat. JQ from Nulbarich」でKREVAとのコラボレーションを繰り広げる。続くtofubeatsも自信に満ち溢れた歌心をじっくりと披露しつつ、「too many girls feat. KREVA」ではtofubeats初のスタイルで表現し、先頃ミュージックビデオが公開されたばかりのコラボ曲「RUN REMIX feat. KREVA & VaVa」も放たれる。PUNPEEは、ツインDJのターンテーブル4台によるライブセットで、KREVAへのリスペストをフリースタイルで放ち、肩肘張らずポップな知性を振りまくマイク捌きから、MVを彷彿させるような演出で“夢追人 feat. KREVA”のコラボへと持ち込ませた。
MIYAVI
MIYAVI
AKLO & ZORN
AKLO & ZORN

燃え盛るスラップ奏法のギターでライブ空間を熱くさせるのはMIYAVI。ボーカルもアクションもフルスロットルで瞬く間に汗まみれになり、トドメの強力な一撃はファイアーボールが吹き上がる中での「Rain Dance feat. KREVA, 三浦大知」だ。AKLOとZORNは、さながら両者のコラボ曲をバック・トゥ・バックするような「AtoZ」コンビネーションラップで上昇気流を生み出し、KREVAがフックを歌う「RGTO (REMIX) AKLO, ZORN, KREVA」のスリリングな瞬間へと到達させる。また、3人で制作背景を振り返りながら披露されるZORNの「One Mic feat. KREVA」も、『908 FESTIVAL』ならではのレアな一幕だ。
三浦大知
三浦大知

そして『908 FESTIVAL』最大の盟友と呼ぶべき三浦大知は、国宝級のダンスと歌唱力で、ダンサー陣と共に収録映像と見紛うようなクオリティのステージを展開。無観客だろうと自らが率先してライブを楽しみ尽くそうとする、笑顔のエンターテイナーである。KREBandによるバンドグルーヴを乗りこなして「Blizzard」や「I'm Here」といった近年のヒット曲を放ち、気が遠のくほど美しい「世界」の名演の後には、「Your Love feat. KREVA」で締め括った。
KREVA
KREVA

さあ、バトンを手渡された主役のKREVAは、名パートナーとの美しいデュエットで人生の道のりを慈しむように楽曲配信がスタートしたばかりの「素敵な時を重ねましょう feat. SONOMI」を切り出す。そこからバンドサウンドに乗せた怒涛のラップ攻勢でヒートアップし、再びMIYAVIと真剣勝負で切り結ぶ「STRONG MIYAVI vs KREVA」の後には、スペシャルゲストとして着物姿の石川さゆりが登場。粋で艶やかな「火事と喧嘩は江戸の華 feat. KREVA, MIYAVI」の豪華スペシャルセッションが繰り広げられるのだった。
KREVA
KREVA
KREVA
KREVA

石川さゆりに、長く活動を続ける原動力について尋ねる一幕を経てから披露された「想い出の向こう側 feat. AKLO」では、周囲から寄せられる期待と自身の成長・変化との間で苦しみ、闘い続ける表現者のテーマが浮かび上がってくる。出演者たちが瞬間停止したユーモラスな映像を挟み込む「瞬間speechless」、実にKREVAらしい超必見の演出が印象的だ。この日誕生日のSONOMIを祝福しながらの「ひとりじゃないのよ feat. SONOMI」、そして音楽への飽くなき愛と探究心を伝える「音色 ~2019 Ver.~」と、ポップミュージックに挑む足跡そのもののような楽曲群が続いた。
KREVA
KREVA
KREVA
KREVA

出演者との音楽談義にも花を咲かせた『908 FESTIVAL ONLINE 2020』はここで万感のクライマックスかと思いきや、三浦大知とのトークで2人の次なるコラボ曲に込めた思いを語り、絶賛制作中というその新曲「Fall in Love Again feat. 三浦大知」を生配信のみのスペシャルパフォーマンスとしてライブ初公開する。温かく力強い肯定性を振りまいて止まないその曲は、切磋琢磨して変化・成長し、コロナ禍も乗り越えて未来を切り開いてゆく人々の姿を、明るく照らし出すかのようだった。


なお今回の模様は、本日9月9日(水)21:08~9月22日(火・祝)21:08の間アーカイブ配信され、視聴チケットも購入可能となっているので、ぜひぜひチェックしよう。

Photo by Teppei Kishida & Riei Nakagawara
打ち上げ
打ち上げ

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ