テプラがおしゃれになった。スマホをフル活用するTEPRAPRO「MARK」は表現の幅が広すぎ

200910_tepra_1.JPG
Image: KING JIM

スマホにプッシュ通知を送る機能が便利そう。

テープにテキストや絵文字を印刷してラベリングに使う「テプラ」が、見た目もラベルもダサくね?…から脱却することに成功しました。それがBluetoothで接続し、専用アプリでラベルをデザインする、スマホ専用モデルのラベルプリンター「テプラPRO "MARK" SR-MK1」。


インテリアに合うデザイン


デザインの監修は、日本を代表するプロダクトデザイナー柴田文江さんが行ったとのこと。シンプルでベーシックなトーンが生活に溶け込む、そのまま飾れるデザインになっています。

カラーバリエーションは、大人っぽいベージュとカーキでまったくもってラベルプリンターには見えません。というかただの箱なので、思わずこの筐体に「テプラ」とラベリングしたくなっちゃうくらい。




【本日発表!「テプラ」PRO初のスマホ専用モデル】本日オンラインで新製品発表会をおこない「テプラ」PROの新機種、スマホ専用モデルのラベルプリンター「テプラ」PRO "MARK"...
Posted by キングジム/KINGJIM onTuesday, September 8, 2020


印刷されるラベルもシャレてますね。使う側のセンスが問われます。

スマホとアプリならではの利点


最大24mm幅のテープカートリッジを使用でき、360dpiの高精細ヘッドが繊細な文字や曲線を多用した絵を滑らかに描画します。また専用アプリ「Hello」と連携したことで、多岐に渡るテンプレートを探してラベルをアレンジができるようになりました。

文字の打ち込みもスマホから、チャットのように入力するのがイマドキです。テンプレートはたとえば、キッチン、リビング、洗面・バスなどからカテゴリーを選び、電気のスイッチや段ボール箱などのイメージ写真から選ぶ、なんて直感的なことができます。それにスマホ内の画像を挿入する、なんてことも可能。
200910_tepra_3.JPG
Image: KING JIM

その他、同じレイアウトのラベルを複数枚、まとめて編集・印刷できる「一括作成」と、印刷したラベルに予定を紐付けし、スマホでプッシュ通知をする「タイムラベル」機能を搭載。決まった曜日や毎月などくり返し通知も設定できるので、賞味期限やゴミ出し日、フィルターの洗浄や交換、それにファイルやキャビネットに貼れば契約の更新などを忘れることもなくなりますね。



また季節に合ったラベルが更新されたり、お勧めの利用方法などが配信され、このテプラを使った暮らしが豊かになる情報やコンテンツが届く、というのもスマホならではの機能です。チェックしていれば新しいアイディアが湧いてきそうですし、何より宝の持ち腐れにならなさそうです。










この投稿をInstagramで見る











. 暮らしに溶け込む新しい「テプラ」 “MARK(マーク)”が登場しました。  “MARK”は専用アプリ「Hello」を使って、誰でも簡単にきれいなラベルが作成できる、新しい「テプラ」です。  本体はインテリアとして飾りたくなるような、シンプルなデザイン。 お部屋の雰囲気に合わせてカラーをお選びいただけます。 また、イラストや筆記体などの細かな線もなめらかに印刷できる高精細ヘッドを搭載し、より表現の幅が広がりました。 オフィスや学校で使うような、いわゆる「テプラ」とはひと味違う “MARK” 次回は専用アプリ「Hello」の機能について詳しくご紹介します。  ■商品情報 品名・品番:ラベルプリンター「テプラ」PRO SR-MK1 カラー:ベージュ、カーキ 本体価格 :15,000円(税別) 発売日:2020年10月1日(木) アプリ配信日:2020年9月8日(火)  #tepramark #テプラマーク #おしゃれテプラ #テプラ  #tepra #ラベルライター #ラベル #ラベルシール  #ラベリング #ラベル作り#整理収納 #整理整頓  #収納アイデア #リビング収納 #キッチン収納 #暮らしを楽しむ #ていねいな暮らし #丁寧な暮らし  #シンプルライフ#シンプルな暮らし#ミニマルライフ  #暮らしのアイデア#暮らしの道具 #暮らしを整える  #おうち時間 #名前付け #文具 #文房具 #キングジム #kingjim

キングジム(@kingjim_official)がシェアした投稿 -

発売日は10月1日で、価格は1万5000円とのことですが、多用する人には高くはないお値段でしょうね。お店を持っている人なら、レベルの高い値札や、ちょっとしたポップ作りに役立ちそうです。

Source: facebook, Twitter, Instagram via KING JIM

当記事はギズモード・ジャパンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ