ベッカム夫妻、3月に新型コロナ感染か? 多数イベント参加に批判殺到「自分勝手すぎる!」

デヴィッド&ヴィクトリア・ベッカム夫妻が3月に新型コロナウイルスに感染していたと報じられた。夫妻が当時、様々なイベントに参加していたことで家族やスタッフなども大量に感染させてしまったと『The Sun』が伝えている。

『The Sun』によると、この感染拡大はデヴィッド・ベッカムがオーナーを務める米メジャーリーグサッカーの新クラブ「インテル・マイアミCF」が3月1日に行ったロサンゼルスFCとの試合が発端だったという。情報源は明かされていないが、ベッカム一家に近しい人からの情報とのことだ。

デヴィッドはオーナーとして初のアウェーとなるゲームを応援するためにロスを訪れ、妻ヴィクトリア・ベッカムや長男ブルックリン・ベッカムのフィアンセとなったニコラ・ペルツも駆けつけたという。一家はそこでプロモーションを兼ねた複数のイベントに参加し、ファンのみならずクラブの要人達と握手やキスを交わした。

その5日後には米ロサンゼルスから英ロンドンに飛び、ブルックリンの21歳の誕生日パーティに参加するためコッツウォルズにある邸宅に移動した。3月7日に開催されたこの誕生日パーティには、世界的な人気を誇るラッパーのストームジーや「スパイス・ガールズ」のエマ・バントンとジェリ・ホーナー(旧姓ハウエル)など豪華なゲストも顔をそろえた。

その後、一家は再び英ロンドンから米フロリダ州マイアミに飛んでおり、デヴィッドは家族を新スタジアムのツアーなどでもてなした。

情報提供者はアメリカからイギリスに戻ったデヴィッド達について「デヴィッドは帰国後に体調が悪くなり、ヴィクトリアも喉の痛みが酷くなり高熱を出しました。それと同時にクラブチームのドライバーやボディガード、アシスタント達が次々と体調不良を訴え始めて、うち2人は重い症状を抱えていました」と明かしている。

この状況にヴィクトリアは、自分が大勢の感染源となる「スーパー・スプレッダー」になったかもしれないとパニック状態になったという。これ以上の感染拡大を防ぐためにヴィクトリアは家族に厳しい外出制限を設け、2週間以上の自主隔離を行ったそうだ。自身も病床にあったヴィクトリアだが、感染拡大などの不安に襲われ精神的にも参っていたと伝えられている。

その後ベッカム夫妻は回復し、クラブチームのスタッフを含め定期的に新型コロナウイルスの検査を行っている。夏の間はバカンスには行かずイベントなどの誘いも断り、豪邸でプールやサッカーを楽しんだ様子を自身のインスタグラムに投稿していた。

しかしロックダウン解除後にはイタリアやギリシャを旅行しており、一連の行動に非難が殺到した。

このニュースを目にした人々からは「まじかよ! アメリカの自宅にいろよ!」「なぜパーティに参加したの? 誘われて行かなかった人でさえ陽性になっている人もいるのよ」「自分たちの周りのことしか考えていない自分勝手な人達ね」「仕事のことなんか考えず世界の状況を考えて欲しかった」などのコメントで溢れている。

画像は『Victoria Beckham 2020年3月8日付Instagram「Dancing till 6am!」、2020年3月2日付Instagram「I’m so excited!!!」』『nicola 2020年3月9日付Instagram「the most beautiful night celebrating brooklyn」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 iruy)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ