峯岸みなみ(AKB48)、深夜に書いたラブレターを朗読「ぼんやりと忘れられていくくらいなら、いっそ憎まれているほうがいい」

TOKYO FM+

2020/9/9 19:50

リリー・フランキーが“スナックの店主”をつとめる、TOKYO FMの番組「リリー・フランキー『スナック ラジオ』」。9月5日(土)は、アルバイト女子店員の峯岸みなみさん(AKB48)、BABIさんとお届けしました。


(左から)峯岸みなみさん、リリー・フランキー、BABIさん

◆峯岸みなみ、深夜3時に書いたラブレターを朗読

リリー:みぃちゃんのラブレター、読みたいね。めっちゃ顔が赤くなっているけど(笑)、みぃちゃんは文才があるんですよ。

峯岸:恥ずかしいな。これは特定の相手とかではなくて、深夜3時のテンションで、“過去にそういう人がいた”という体で書きました。

私のことを好きだった人へ。暑い日が続いていますが、変わりなくお過ごしでしょうか。コロナウイルスの影響で、例年とはまったく違う夏を過ごしているなか、私はあなたとの日々を思い出していました。

未熟な私は、自信が持てず、自分を卑下したり、ときに破壊的な行動をとり、日々あなたを困らせていたような気がしています。傷つけられるくらいなら、先に傷つけてしまおう。そんなふうにしか自分を保てない幼稚な人間でした。

あなたは、私を嫌いになってしまっているでしょうか。ぼんやりと忘れられていくくらいなら、いっそ憎まれているほうがいいと思うほどに、あなたのなかに私が刻まれていたらいいというわがままを、お許しください。

もしも私がこの先、この人しかいないと思える人が現れたときには、あのときできなかったことを全部しようと思います。少し寂しい気もしますが、あなたもそうでありますように。読んでもらうことはないだろうと思って書いたので、独りよがりのお手紙になってしまいました。どうかすべて忘れてください。

……終わりです。恥ずかしい。

リリー:いいですね。

BABI:忘れられたくないんだね、みぃちゃんは。

リリー:でも俺も、ちょっと人ごとじゃない匂いがします。人間のエゴを、すごくかわいらしく書けていますよね。でも、以前好きだった人に忘れてもらいたくないっていうのは、意外と男っぽい感性だって言われているんだよね。

峯岸:そうですよね。女の人って、元カレはどうでもいいって言いますもんね。

BABI:全然、忘れてほしい。みぃちゃんは、なんで忘れられたくないの?

リリー:BABIは、なんで忘れられても平気なの?

BABI:だって、前に好きだった人でしょ? なんで忘れられたくないの?

◆誰もその人のことを思い出さなくなったときが“本物の死”

リリー:例えば大好きな人が亡くなって、お盆の3日間帰ってくるって言って、みんながいろいろな供養をするわけじゃん? でもそれもどんどんしなくなっていくじゃない? 10年も経っていくと。人は亡くなっても、誰かが思い出している間は、その人は死んでいないわけ。でも、誰もその人のことを思い出さなくなったときに、“本物の死”が訪れるわけじゃないですか。魂さえこの世にいなくなっちゃう。

だから思い出すということは、全然悪いことじゃないんだと思いますよ。だって俺がしょっちゅう思い出すから、相手に思い出してほしいなって思っているのと同時に、(俺のことを)思い出さないの? って思わない?

峯岸:わかります。

リリー:俺なんかもう、しょっちゅうだよ。路地裏の窓、桜木町で、こんなとこにいるはずもないのに……。

BABI:なんかそれ、それ聞いたことある。

リリー:どこを歩いていても思い出しますよ。

9月12日(土)の放送は斉藤和義さんを迎えて、アルバイト女子店員BABIさんと開店。どうぞお楽しみに!


----------------------------------------------------
▶▶この日の閉店後トークを「AuDee(オーディー)」でチェック!
スマホアプリ「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→http://www.jfn.co.jp/park
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:リリー・フランキー「スナック ラジオ」
放送日時:毎週土曜 16:00~16:55
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/snack/

当記事はTOKYO FM+の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ