藤田ニコル、マネージャーの有能ぶりが話題 「死ぬほどモテそう」な気遣い術

fumumu

2020/9/9 19:15


藤田ニコル

8日深夜に放送された『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)に、モデルでタレントの藤田ニコルさんが登場。世間ではあまり知られていないモデル業ならではの「気遣い」を、彼女のマネージャーが激白しました。


関連記事:朝日奈央、アイドル卒業後は閑古鳥… 「NGナシ」になったキッカケとは

■マネージャーは楽?辛い?


NGがなく、明るいキャラで知られる藤田さん。この日の企画は「マネージャーがタレントに気を遣っていること」を暴露するというものでしたが、ロンドンブーツ1号2号の田村亮さんは「俺らが接してる分には全く問題ないからマネージャーさんも楽では?」と疑問を投げかけました。

一方有吉弘行さんは、藤田さんを「病み入ると面倒くせぇ」人物であると指摘。精神面のケアが大変なのではないかと考察します。

■温度の変化に敏感


そんな2人の予想とは異なり、藤田さんのマネージャーを6年間務める花田さんは本人がとても寒がりである為、エアコンの温度を常に高めにしておかなければならないと告白。

「夏場は我々男性陣からすると熱く感じるので本番中に思いっきりエアコンを下げて涼み、本番が終わる少し前にエアコンを消し、ドアを全開にして元の温度に戻す」という行為をこっそり繰り返していたと明かします。

この告白に対し、藤田さんは「こういう気づかいには気づかなかった。私的には快適な温度になっていたので…」と驚きの表情を見せていました。

■温度調整に苦労したことも…


続いて「本人もモデルがメインなので、寒くしすぎちゃうとむくんだりなんだりあるのでエアコンをかけないようにしてるんですけど、(他スタッフと)汗だくになりながら目で合図してる時があります」と話した花田さん。

「本人がいなくなったら強風で冷やして、(戻ってくる)5~10分前に冷気を逃がす」独特のルールも披露しています。

本人には悟られず、快適に過ごしてもらえるようひたすら縁の下で行動していたマネージャーをはじめとするスタッフたち…。藤田さんは再び驚きながら「言ってくれたら別に冷やしてくれてもいいんですよ!?」とコメントし、お互いに気を遣い合う様子を伺わせました。

■気遣いの鬼はモテる?


タレントに対する完璧な気遣いを見せた花田マネージャーに対し、ツイッターからは「話聞いてると死ぬほどモテそう」「マネさん大変だな」「マネージャーさんも沢山考えてくれて嬉しい」など、称賛や労いが続出。

一方で「寒いのが苦手」という藤田さんにも「女は身体冷やすとガチ色々辛くなりやすい」といった共感の声が寄せられています。

・合わせて読みたい→玉城ティナ、最上もがに藤田二コル…テラハ騒動を彷彿とさせる意味深発言

(文/fumumu編集部・鳳 あゆ子)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ