シンプルに考える方法とコツを紹介 ‐ 実践するメリットとは


「物事をシンプルに考えられるようになりたい」と誰もが意識したことがあるのではないでしょうか。

シンプルに考えることで物事を理解できる、話の内容を整理できるなど生活や仕事、人間関係どの場面でもうまくいく傾向にあります。

今回はシンプルに考える人の特徴や実践すべきポイントとともに、身に付けて体感できる方法をご紹介していきます。
○シンプルに考える人の方法{#ID1}

シンプルに考える人に共通した特徴があるといわれています。

ここからはシンプルに考える人が持つ特徴を6つまとめていきます。
○方法1:ポジティブであること

シンプルに考える人は、物事をポジティブにとらえる特徴があります。

物事を複雑に考える人は面倒ごとに直面した際「だるい」や「なんで」など、行動する前からネガティブ思考になりがちです。特にネガティブな発言は、自分だけでなく他人の思考や感情までマイナスにさせてしまうのです。

ポジティブに捉えることで、これから起こる出来事が良い方向へと進んでいきます。まずはポジティブに捉える意識を心掛けてみましょう。
○方法2:素直で柔軟性に富んでいること

シンプルに考える人は、素直で柔軟性に富んでいる特徴があります。

素直というのは単に言われたことをそのまま行うことではありません。困難な問題に当たった際、強がるプライドを捨て他人に聞ける素直性、そし様々な角度から考えられる柔軟性を指しています。

複雑に考える人ほどプライドを捨てるのが難しい傾向にあります。時には自分の意見も折り曲げ、他人の意見を聞くことが物事の解決への近道です。
○方法3:環境のせいにしないこと

シンプルに考える人は、どんな理由があろうと環境のせいにしない特徴があります。

「時間がない」「仕事が忙しい」と環境のせいにしている人はいつまでも成長しません。自分に何が足りなかったかを追求せず、何も解決しないまま前に進んでしまうからです。

シンプルに物事を考える人ほど今起きた出来事、躓いた内容を振り返り、自分の知識や経験として頭に残しています。
○方法4:時間を有効に使うこと

限られている時間を有効に使えるのもシンプルに考える人の特徴です。

仕事や勉強に時間を費やすのはもちろん、空いた時間で趣味や恋愛に時間を有効に使うのも非常に大切です。空いた時間を有効に使うことは単に自分の知識や雑学が増えるだけでなく、時間の使い方が上手くなります。

時間の使い方が上手くなると仕事や勉強面でもメリハリがつき、より効率的に作業できるようになります。
○方法5:あえて頑張らないこと

「あえて頑張らない」というのは決して悪い意味ではなく、ペース配分ができるということです。

頑張ることはとても大切ですし、周りからも高い評価を得られます。しかし、頑張り過ぎは体調不良やミスを犯す原因となるでしょう。

目標を達成するまでの計画を立てることで、1日の負担を軽減できます。シンプルに考える人ほどペース配分の大切さを理解しているのです。
○方法6:考えをまとめていること

シンプルに考える人ほど全体像を把握し、考えをまとめられる特徴があります。

例えば今仕事の話をしていて、あなたはどうやって話の内容を把握しますか?すぐに「メモを取る」と浮かんだ方はシンプルに考えられているのではないでしょうか。

複雑に考えがちな人ほどメモを取らず、頭の中だけで整理しようとする傾向にあります。考えをまとめるためには全体像を把握することが不可欠です。メモはその手助けとなる大切な手段なのです。

シンプルシンキングで実践すべき6つのコツ

シンプルに考える人の方法をまとめてきましたが「私も当てはまっているけど、できない」という方もいるでしょう。そこで実践して欲しいのがシンプルシンキングです。

シンプルシンキングとは複数の情報の本質を見分ける処理能力を言い、身に付けることで必要な情報と不必要な情報を瞬時に、そして正確に判断できます。

ここからはシンプルシンキングで実践すべき6つのコツを紹介します。
○コツ1:シンプルな言葉で考える

シンプルな言葉は一見幼稚に聞こえがちですが、言い換えれば物事をしっかり理解していると捉えられます。逆に内容をあれこれ伝えようとすると、本当に伝えたい内容の本質が相手に伝わらない場合があります。

相手の気持ちになって話してみる意識をすると、自ずとシンプルな言葉が出てくるようになります。
○コツ2:大きな塊は小さくし一個ずつ考える

一見難しそうですが、ゲームをするほとんどの方が無意識に行っています。恐竜を倒すゲームだとして「必要なアイテムの準備」「恐竜の特性調べ」「恐竜の動きのパターン化」と大きな物事を瞬時に分けて考えているのです。

大きな塊を常に小さく分けて考えることで、物事の要点を掴むコツを習得できるようになります。
○コツ3:情報の基本は5W2H

実践すべきポイント3つ目は、情報の基本である「5W2H」を活用していることです。

5W2Hとは「いつ、どこで、誰が、何を、どうする、なぜ、いくら?」のことを指し、人と会話するうえで必要不可欠といえるスキルです。

シンプルに考える人ほど5W2Hを理解し、常に話の内容でどれがどこに当たるかを整理することができています。意識して聞くだけでも話の要点をまとめやすくなりますので、実践してみましょう。
○コツ4:物事が複雑な場合はロジックツリーを活用

ロジックツリーは仕事でも頻繁に活用される考え方の1つで、複雑な物事をより正確に整理できます。始めたては難しいかもしれませんが、頭の中で練習を繰り返すことで、物事の整理の仕方が身に付けられます。

ロジックツリーは広がれば広がるほど優先順位も鮮明になりますので、シンプルに考えたい人に特におすすめの方法です。
○コツ5:物事に優先順位を付ける

テスト勉強を例にすると分かりやすく、8教科のテストが3日間あるとして、テスト前日はどの教科を勉強しますか?おそらく多くの方は初日のテスト教科を勉強するでしょう。これが優先順位です。

優先順位の付け方は難しいですが、習得できれば勉強や仕事等で作業効率化が図れるようになります。シンプルな考えを持つための重要なスキルと言えます。
○コツ6:やらないことを決める

諦めではなく、自分のやる内容を決めたら他を人に任せるということです。複雑に物事を考える人ほど自分1人で全てをしようとします。人を頼ることは恥ではありません。むしろ、負担やストレスを軽減できる手段でもあります。

シンプルに考えることはある意味選択です。やること、やらないことを区別できるのはシンプルな考え方を持っている人の特徴と言えます。

シンプルに考えることのメリット5つ

シンプルに考えることで物事の考え方や見え方など、得られるメリットは数多くあります。

ここではシンプルに考えることで得られるメリットを5つまとめていきます。
○メリット1:仕事の効率が上がる

シンプルに考えられるのは物事の整理ができている証拠です。物事をロジックツリーなどで分割し、目に見える形として整理するためどこから行うか優先順位付けを正確に行えるようになります。

また、物事を分割して行う意識が養われているため、1人ではなくチームとして行動したほうが効率が良いと判断できるのもメリットの1つです。
○メリット2:身軽になる

複雑に考えれば考えるほど、何をすればよいか、何から始めればよいか、期日までに終わるのかと悩みが増え続け、最悪の場合は心や体への負担が大きくなっていきます。

しかし、シンプルに考えられるようになれば、自分がやるべきことや優先順位がはっきりし、心配事が少なくなります。また、分からないところも早めに見つかるため、心に余裕ができてきます。
○メリット3:難しい仕事もこなせる

シンプルに考えられるのは要するに作業の効率が良いことを意味します。なぜなら、しっかりと計画を立て、目標に向かって段取りよく作業ができるからです。

また、シンプルに考えるからこそ悩むことも少なく、感情的にならないメリットもあります。常に落ち着いた判断ができるからこそ難しい仕事もこなせるのです。
○メリット4:ミスが減る

これは1つ目の「仕事の効率が上がる」と重なりますが、シンプルシンキングによる効果が大きく関わっています。必要な情報と不必要な情報を区別できる能力が身につくことで、今見るべき情報がはっきりするためミスが減ります。

すぐには身に付きませんが、シンプルシンキングを常に意識する癖を付けると自ずとできるようになってきます。
○メリット5:ストレスが減る

物事をシンプルに考えられる人は、どんな作業をしてどれだけの時間が必要なのかを可視化できるためストレスを溜めにくくなります。目に見えているのと見えていないのとではストレスの掛かり方は大きく違ってきます。

また、物事を頭で考えるだけでなく行動に移すことで新しい発見もあり、ストレスより好奇心が勝り良い方向へと進むでしょう。

○シンプルに考えると多くのメリットがある

今の時代はSNSの普及により多くの情報で溢れています。中には偽りの情報もあり、正しい情報を探すのは極めて困難です。

シンプルに考えられることは仕事をこなせる、内容の整理ができるだけでなく、偽りの情報も冷静に判断できる能力が身に付くなど、これからの時代で必要となる多くのメリットがあります。

また、仕事だけでなく家事や人間関係にも応用できる考え方なので、シンプル思考を取得できると日常生活が過ごしやすくなる可能性もあります。

シンプルシンキングを通して判断力を養い、シンプルに考える力を身に付けましょう。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ