『BLEACH』世界とリンクしてる?久保帯人の新連載『BURN THE WITCH』との関係は…

numan

2020/9/9 17:00


『週刊少年ジャンプ』に連載が開始した久保帯人先生の『BURN THE WITCH』。『BLEACH』との関連があるという噂が!?
8月24日発売の『週刊少年ジャンプ』38号から、久保帯人先生の『BURN THE WITCH』の連載が開始。久保先生の代表作『BLEACH』との関連をほのめかすような描写が、ファンの間で話題になっています。

『BURN THE WITCH』は、ロンドンの裏側を舞台に2人の魔女が活躍する物語。既にアニメ化も決定している注目の作品ですが、以前掲載された読み切り版には『BLEACH』世界と同じ名称が登場し…!?
『週刊少年ジャンプ』公式サイトより (204312)

via www.shonenjump.com

読み切り版には尸魂界が登場していた!

読み切り版が掲載されたのは、2018年発売の『週刊少年ジャンプ』。

ドラゴンや魔法が存在するファンタジックな世界が舞台で、死後の世界を描いた『BLEACH』とはストーリーの雰囲気も異なります。
『BLEACH』74巻(集英社) (204538)

『BLEACH』74巻(集英社)

via 『BLEACH』74巻(集英社)
しかし物語の終盤に、「尸魂界・西梢局(ソウル・ソサエティ ウエスト・ブランチ)」という名称が登場。

尸魂界とは『BLEACH』の舞台となる世界であり、亡くなった人間や死神たちが住む場所として描かれている場所と同じ名称です。

ほかにも共通点があった?

さらにラストシーンに登場したタイトルロゴにも注目。
『BURN THE WITCH』のB、E、C、H、そしてTとWの一部が濃い色で塗られており、よく見ると「BLEACH」と読めるような仕掛けもされています。
久保帯人最新作『BURN THE WITCH』、本日発売の週刊少年ジャンプ38号よりついに連載開始!さらに10月2日よりアニメ劇場上映&配信開始が決定しました!

詳しい情報はジャンプ本誌で!! pic.twitter.com/BmvdYp0wBT
— 久保帯人&スタッフ (@tite_official) August 24, 2020ファンからは驚きの声が上がり、連載化が決定してからも「尸魂界とかロゴの秘密とかが連載で明らかになるのか!?」「絶対同じ世界の話だよね、超楽しみ」「『BLEACH』キャラ出てきたらテンション上がるな~!」といった反響が相次いでいます。

果たして『BURN THE WITCH』がどのような展開を迎えるのか、目が離せませんね。
そういえば…『BLEACH』最大の謎、"藍染惣右介の卍解"って結局どうなったの?

そういえば…『BLEACH』最大の謎、"藍染惣右介の卍解"って結局どうなったの?

久保帯人さんが描くカリスマコミック『BLEACH』。同作最大の謎といえば“藍染惣右介の卍解”が思い浮かびますが、なぜ彼の卍解は描かれることなく終わったのでしょうか。

『BLEACH』の"あのセリフ"は社会で役立つ!? 日常でも使える名言の宝庫だった

『BLEACH』の"あのセリフ"は社会で役立つ!? 日常でも使える名言の宝庫だった

連載20周年プロジェクトで盛り上がる人気マンガ『BLEACH』。ダイナミックな剣戟や重厚な物語で、いまなお多くのファンに愛されていますよね。先日もTwitter上では、作中の“リーダー論”に大きな注目が集まりました。

謎の『BLEACH』新プロジェクトサイト登場で騒然!“あの”アニメ化がついに実現…!?

謎の『BLEACH』新プロジェクトサイト登場で騒然!“あの”アニメ化がついに実現…!?

『週刊少年ジャンプ』の一時代を支えた人気漫画『BLEACH』。連載終了後も変わらず愛され続ける作品ですが、謎の“新プロジェクト”が始動した模様。ファンが期待しているのはあのアニメ化……⁉

当記事はnumanの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ