乃木坂46・齋藤飛鳥、主演『映像研』は「私を人間にさせてくれた」

 乃木坂46の齋藤飛鳥、山下美月、梅澤美波が9日、オンラインで開催された映画『映像研には手を出すな!』完成報告会見に登壇。齋藤が、本作に出演したことにより生まれた“変化”を打ち明けた。

本作は、「月刊!スピリッツ」(小学館)にて連載中の大童澄瞳による同名コミックの映画化。今年4月からは映画版と同じ主要キャストでドラマ版も放送された。“最強の世界”を夢見てアニメーション制作を志す、浅草みどり(齋藤)ら3人の女子高校生の姿を独特な世界観と共に描き出す。イベントには、小西桜子、グレイス・エマ、英勉監督も登壇した。

当初、5月公開が新型コロナの影響で9月に延期された同作。齋藤は「ドラマが放送されてから時間が経ってしまい、今、浅草役を見ると照れ臭くて、恥ずかしくて。『公開していいんですか?』っていう思い」と苦笑い。山下は「無事に公開が決まってホッとしています。映画も素晴らしくて面白い作品」と笑顔を見せ、梅澤は「3人で完成したものを観終わった後に、無言でニコニコしながら見つめ合って。これはいいものができたと確信しました」と手応えを明かした。

印象に残っているシーンの話題になると、斎藤は「ワイヤーにつるされてやったプロペラスカート」をセレクト。「スタッフさんが途中から面白がって。私、死ぬのかなと思った」と言いつつも、「楽しかったですね」とニッコリ。山下は「部室が関東の秘境みたいな、とても人がいられるような場所じゃなくて。寒いし、虫はいるし、すごい環境だった」とぶっちゃけるも、「逆にそこで追い詰められたからこそ、いいお芝居ができたと思う」と苦笑いしながら回顧し、梅澤も「体力的に大変なことたくさんあった」と振り返った。

劇中では、VFXを駆使した映像を使用。ロボットも撮影時はダンボールだったらしく、山下と梅澤は「私たちの演技、本当にすごいんですよ!」と興奮気味にコメント。齋藤は「英さんは頭の中に忠実にイメージがあるので、英さんって頭へんなんだと思いました」と明かし、キャスト陣の爆笑をさらっていた。

記者から「自身にとって“最強の世界”は?」と質問が飛ぶと、齋藤は「浅草を演じてから、周りの人に『人間になってきたね』と言われることが多くて」と打ち明け、「私を人間にさせてくれた作品」と告白。また、「後輩2人(山下、梅澤)との関係性も変わったし、人生の分岐点ではないけど、人としての変化が大きかった。浅草をやったことで、私の人としての"最強の世界"がちょっと切り開けたと思う」と爽やかな笑みを浮かべながら感謝していた。

映画『映像研には手を出すな!』は9月25日より全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ