お友達の家で遊ぶのも自粛すべき? ここにもコロナの弊害が…【コソダテフルな毎日 第174話】

先日長男が明るい顔をして学校から帰ってきました。

「今度の金曜日、お友達がうちに来る約束したけど来てもいい??」

え!! 珍しい~~!!
長男のお友達が我が家に遊びに来るなんていつぶりでしょう…!

しかも遊びに来てくれるのは日頃からよく名前を聞くお友達だったんです。

小学校5年生で今の小学校に引っ越してきて、新しくお友達が出来るかどうか心配していたので、尚更嬉しさ倍増です。

話には聞いてましたが私は直接会った事がなかったので、遊びに来てくれることをとても楽しみにしていました。


そして当日。

学校から帰ってくると、


なんと!!来れなくなっちゃったんですってーーー!!

えーー!!
楽しみにしてたんだけどなー!

どうしたの?
急な用事??


長男に聞いたのですが、なんだか歯切れの悪い的を得ない回答でした。

「なんか~…お友達のお母さんがコロナだから行っちゃダメとかなんとか…」

ほぉ~~!??

コロナが気になるから出来るだけ外部との接触を避けてるのかな?と思いましたが、でもそれだったら最初っから遊ぶ約束をしてこなかったんじゃないかな~という気もして、わかるような分からないような…。

そう思っているうちに、お友達のお母さんから連絡がありました。

お友達のお母さん:「今日はドタキャンをしてしまって申し訳ありません」

いえ、とんでもないです。またいつでもいらしてくださいね~。

お友達のお母さん:「そう言っていただけて嬉しいです。実は、コロナ自粛をどこまで徹底したらいいのか悩んでまして。お友達のお宅に我が子があがっていいものかどうかも迷ってしまい…


急にこのような事になってしまいました」

あ~~~なるほど!!
そういうわけだったんですね…。

難しいところですよね~。
このお母さんの気持ちわかります。

もしも我が子がよそのお宅に上がり込んで、菌を持ち込んでしまったら/持って帰ってきてしまったらどうしよう…と不安になりますよね。

目に見えないウィルスももちろん怖いですが、それよりも私はコロナにかかってしまったら/うつしてしまったら、
それまで築いてきた人間関係が壊れてしまうかもしれないっていう恐怖の方が大きいです。

病気が原因で人間関係が壊れてしまうなんて差別の一種のようなもので、絶対にあってはいけないことなのですが、絶対にないと言い切れないのもまた現実…。

コロナが生み出したもののやっかいさを感じずにはいられません。

お友達のお母さん:「毎日ニュースを見てはすごく不安になったり、SNSを見てると気持ちが楽になって楽観的になったり、でも次の瞬間には周りの人の目や行動も気になって、自分がどうしたいのか、どうすればいいのかわからず悩んでばっかりです…」

わかります! すごく正直な気持ちだと思います!
たぶんほとんどの人が決めきれず揺れ動いてるのはないでしょうか。


自分の身を守るため、他の人にうつさないためと言いつつ、周りの人達から浮かないようにはみ出さないように様子をうかがってるうちに、だんだんと自分はどうしたらいいのかわからなくなってきますよね。

お友達の家にあがって遊ぶなんて今まではごくごく当たり前だったじゃないですか。

でもコロナがやってきてからというもの、子どもの向こうにいる保護者の顔がよりちらつくようになりました。

子ども自身のやり取りよりも、相手の親御さんがどういう価値観なのかな? コロナについてどういう風に考えてる派なのかな? とか
すっかり顔色を伺ってしまってどこを見て育児してるのかたまにわからなくなる時あります。

気にする人、気にしない人、その2つがどうやって折り合いをつけて暮らしていくのか…っていうのが、今後コロナと付き合っていく大きな壁だなってひしひしと感じた出来事でした。
(オギャ子)

当記事はウーマンエキサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ