好きな人に告白する「ベストタイミング」はこの3つ!

ウレぴあ総研

2020/9/9 12:00

好きな人ができたら、「相手と付き合いたい」と思うのは自然なこと。

なかには、自分からの告白を考えている女性もいるかもしれませんね。お互いに両思いなら、それとなく男性からの告白を促したいと考えている女性も多いはず。

そこで今回は、好きな人に告白するベストなタイミングについて考えてみました。

■好きな人に告白する「ベストタイミング」っていつ?

■1: お互いに知りたい気持ちが高まったとき

よく「3回目のデートが告白のタイミング」といわれます。おそらく、お互いのことをもっと知りたい。相手と仲良くなりたい気持ちが昂るのが、その時期ではないでしょうか。

と考えると、お互いに両思いの確信があって、もっと相手のことを知りたい気持ちが高まっているときが、まさに告白のタイミングになりそうです。

お互いに惹かれ合っている感じは、なんとなくわかるはず。問題は、両思いの確信でしょうか。

判断に迷ったら、遠回しに相手が好きであることを伝えてみるのはどうでしょうか。

たとえば、「もっと一緒にいたいね」「〇〇くんと過ごしていると楽しい」とか。「〇〇くん、カッコいいな」「〇〇くんの好きな人が羨ましい」など。

「好き」と言えなくても、気持ちの伝え方はひとつではありません。

両思いの確信が得られなければ、相手の男性も告白しづらいでしょう。

ぜひ、好きな人への気持ちを積極的に言葉にして、お互いに告白へのハードルを下げられるといいですね。

■2: 付き合いたい気持ちが一定以上続いたとき

告白したいほど相手が好きなのは、相性がいいからではないでしょうか。たとえば、性格価値観が合うとか。相手が自分好みであるとか。

冷静に相手との相性、相手の人となりを考えて、相手を逃したら後悔する、絶対にゲットしたい。その気持ちが続くようなら、告白したほうがいいと思います。

相手がほかの人に取られてしまう可能性もゼロではないでしょう。

お互いに両思いでも、ふたりがシャイで消極的なら、なかなか関係が進展しない恐れもあります。

お互いに相手をものにしたい。そう思ったときこそ、まさに告白のタイミングではないでしょうか。それとなくでも、告白のアプローチができるといいですね。



■3: 出会ってから時間が経っていないとき

お互いに両思いなら、ふたりの関係が出来上がってしまう前がおすすめです。お互いに相手が気になっていることで、告白したい気持ちが高まっているからです。

恋愛はスピード勝負。「鉄は熱いうちに打て」と言うように、好きな人ができたら、出会ってから直近のタイミングで関係を図ったほうが、告白の進展はしやすいでしょう。

逆に関係が出来上がってしまうと、「友達のままのほうがいいんじゃ……」と考えてしまう男性もいるかもしれません。

お互いの年齢の問題もありますね。相手との関係が脈なしとなれば、ほかに気になる人を見つけてしまう可能性もあるでしょう。

時間は有限です。好きな人との関係を図りながら、告白のチャンスを伺いましょう。



好きな人との関係を冷静に見つつ、告白のタイミングを探ってみてください。告白の成功率も上がるはずです。

決して先延ばしにせず、善は急げの精神で、積極的にアプローチを仕掛けましょう。

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ