浜辺美波×横浜流星 妊娠、姉弟疑惑も…!?ドロドロ展開に惹きつけられる『わたどう』

dwango.jp news


浜辺美波と横浜流星がW主演を務め、毎話展開される純愛ストーリーの要素とドロドロの愛憎劇の緩急が視聴者を引き付けてやまない『私たちはどうかしている』(日本テレビ、毎週水曜22時~)。

第4話でも、横浜流星演じる老舗和菓子屋「光月庵」のクールな跡取り息子・椿と、浜辺美波演じる可憐で才能あふれる和菓子職人・七桜は互いに愛を深め、結婚式に向けて準備を進めていく。幸せな未来に向かっていく二人…とは、なかなかさせてもらえない。第4話ラストで見せた、女将・今日子(観月ありさ)の暗躍や15年前の「光月庵」当主殺害事件の闇が2人を覆いそうになる、そんなキュンキュンとドロドロが交互に押し寄せてくるジェットコースターのような展開に衝撃と余韻を残している。



原作は講談社「BE・LOVE」で連載中、累計発行部数 300 万部の「私たちはどうかしている」(安藤なつみ著、既刊 13 巻) 。15 年前、老舗和菓子屋「光月庵」の当主殺害事件が発生。光月庵の跡取りである椿の証言で、若旦那を殺した罪を着せられてしまった七桜の母。七桜と椿は幼なじみで初恋の相手でありながら、"容疑者の娘"と"被害者の息子"に…。七桜は自分の母親を犯人と証言した椿を恨み、一方椿もその事件を機に、クールで冷徹な仮面を被り、本心を隠しながら過ごしていた。

そして15年の時を経て、運命の2人は再会。七桜は母の無実を証明するため、正体を隠したまま“偽りの結婚”を利用して、光月庵に乗り込む。しかし、お互いの和菓子に対する真剣な思いに触れるうち、距離を縮めていく様子が描かれている。

第4話冒頭で、椿が七桜に愛の告白をし、真っすぐな想いをぶつける様子が描かれたキュンキュンシーンがあり、さらに七桜が今日子の嫌がらせに初めて一矢報い、スカッとする場面が描かれたていたが、ラストに七桜に妊娠疑惑が…。そして今日子が次なる嫌がらせをすべく、七桜の母親だと嘘をつく夕子(須藤理彩)の元に足を運ぶところで幕を閉じた。

純愛ストーリーの要素とドロドロの愛憎劇の緩急、そして一息つく間もなく繰り広げられる怒涛の展開に加え、横浜流星の繊細な演技で表現された七桜への愛と、浜辺美波が随所で見せる心の葛藤と苦しみ、そして観月ありさの妖艶さと悪役っぷりがこの物語をより一層目が離せないものにしているのではないだろうか。

そして極めつけは第5話の予告動画。七桜は昔、母・百合子(中村ゆり)と暮らした部屋を訪れ、懐かしんでいると、押し入れの天板裏に隠された道具箱を見つけてしまう。その中には椿の父・樹(鈴木伸之)が母に宛てた手紙、そして『七桜へ』と書かれた封筒が。そして目に涙を浮かべながら「私と椿は…姉弟…?」と七桜がつぶやく意味深すぎるシーンが描かれ、「見ごたえがありすぎた…」「どうなっちゃうの!?展開が読めない!」「予告が衝撃すぎて混乱している」「予告だけで泣きそう」と反響が殺到した。

七桜・椿の関係を揺るがす展開が待ち受けていそうな第5話。そして15年前の当主殺害事件の真相も見え隠れする…今夜もハラハラドキドキの展開となりそうな『私たちはどうかしている』が見逃せない。




第5話あらすじ

七桜(浜辺美波)の母だと嘘をつく夕子(須藤理彩)に圧力をかける今日子(観月ありさ)。一方、妊娠しているかもしれない七桜は、椿(横浜流星) への想いと正体を隠している後ろめたさの間で揺れていた。 そんな中、実家が遠いので結婚式に母親を呼ばなくていいと椿に嘘を重ねた七桜は、夕子が近くで店を営んでいることを今日子に暴露される。椿は挨拶のため、 七桜を連れて夕子の店へ。そこで椿のまっすぐな思いやりに触れ、七桜は、全て を打ち明けて椿と嘘のない関係になろうと覚悟を決めるが…。

翌日、椿は七桜を連れ夜の庭へ。蛍が舞う幻想的な風景を七桜に見せたかったという椿は、父との思い出を語る。七桜は、意を決し真実を打ち明けようとするが、 今日子に割って入られ、タイミングを逃してしまう。

一方、大旦那(佐野史郎)は弁護士を呼び、遺言書の準備を進めていた。大旦那の記憶の中に色濃く残されていたのは、15年前、『さくら』という女の子が作った御菓子だった…。そして、七桜と椿の結婚式と重なっていた毎年恒例の茶会 『夕ざりの茶事』を1週間前倒しにすると発表する。それは二人の結婚を認めた意味にもとれるが…。

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ