【ヘアスタイル】簡単!夜まで続く「キレイな巻き髪」の作り方を美容師に聞いた

ウレぴあ総研

2020/9/9 10:30

朝、せっかく綺麗にヘアスタイルをセットして髪の毛を巻いても、時間が経ってくるとカールがゆるくなってしまうこともありますよね。

できるだけ最高のヘアスタイルをキープできたらいいのに……。

そんな希望が叶えられる方法を、ヘアセットのプロフェッショナルとして銀座で活躍する美容師・高倉里美さんに直撃!

美容院帰りのような綺麗な巻き髪を綺麗にキープでき、不器用さんでもやりやすい簡単なポイントを教えていただきました。

■綺麗な巻き髪をキープする6つのポイント

■完全に乾いた髪でセットしよう

ヘアセットは、原則として髪の毛がしっかり乾いた状態で行いましょう。

特に巻き髪は、少しでも湿っていたらNGです。髪の性質から考えても、乾いた状態でヘアセットすることが、長い時間キープするためのベースになります。

■巻く前の下準備はヘアオイルで

乾いた髪をいきなり巻き始めても、長い時間キープすることはできません。

巻く前の下準備が大事なのです。

下準備にはスタイリング剤を使いますが、スタイリング剤を使うタイミングも意外と重要なんです。タイミングを間違えると、カールがすぐに取れてしまう原因になりますので、気をつけてください。

今回は、巻き髪を長時間キープする方法なので、スタイリング剤はヘアオイルを使いますが、使うタイミングは『シャンプー→リンス→ヘアオイル(ここ!)』です。

洗髪後の濡れている髪の“毛先”だけ、ヘアオイルをつけます。

頭皮の近くまでヘアオイルをつけたり、乾いた髪に直接つけてしまうと、頭皮の汚れの原因にもなりますし、髪がコーティングされすぎてしまって、カールが取れやすくなりますので注意してくださいね。

■ヘアオイルをつけたら一度ドライヤーを!

今回使うヘアオイルは『ダイアンパーフェクトビューティー ミラクルユーシャイン!シャイン!プリズムリペアミスト』。

ミスト状のアウトバストリートメントオイルで、扱いやすいところがポイントです。

ヘアアイロンやドライヤーの熱ダメージからもしっかり守ってくれて、カールがパサっとではなくしっとり艶やかな仕上がりになります。

これをまず、髪の毛の中間から毛先につけます。

つけるときには、髪の内側からつけると、オイリーヘアになり過ぎないのでおすすめです。

つけたら、髪の内側から風を通すように、根元からしっかり髪を乾かします。

しっかり髪を乾かしたら、いつもと同じように巻いてください。

ただし、巻くときにいつもよりしっかり巻いてほしいところがあります。

■カールが取れやすい箇所はしっかり巻こう

いつもより、しっかり巻いてほしいところは、カールが取れやすい箇所です。

カールは水分に触れると取れてしまいます。

特に梅雨のように湿気がとても多い時期は、巻き髪に限らずヘアセットがすぐに崩れてしまいます。これは髪が水分を含んでしまうことにより、髪が元の状態に戻ろうとしてしまうからなんです。

夏場なら、汗で同じような状態になります。

具体的にいうと、首元や顔周り。汗によって水分や蒸気に髪が影響されることで湿気るため、この2か所は、カールが取れやすいです。

そこで、首元と顔周りは全体的に巻いてヘアスプレーをした後も、再度しっかり熱をあてて巻くようにしてください。

■巻き髪キープに適したヘアスプレーを使う

巻き髪キープに必要なスタイリング剤。使うのはヘアスプレーです。

ヘアスプレーは、大きく分けて水分が多いものと少ないものがあります。

巻き髪を長い時間キープするのに適しているのは、水分が少なめのヘアスプレー。

水分が少ないと、べたっとした仕上がりにもなりにくく、ヘアスプレー後に再度巻いてもヘアスタイルを修正しやすいのでおすすめです。

『ケープ 3Dエクストラキープ』や『エポラール コルティ ヘアースプレー』は、どちらも水分が少なめのドライスプレー。お手頃価格で、惜しまず使えるところもおすすめです。

■ヘアスプレーは2回使う

長い時間、綺麗な巻き髪をキープするためには、ヘアスプレーを最後の仕上げにだけ使うのではなく、2回使う必要があります。

まず最初にヘアスプレーを使うのは、髪を全体的に巻いた後。

ここで、まず1回目。髪の毛全体にスプレーをかけます。

そして先ほどお話ししたように、カールが取れやすいところだけ再度巻いたら2回目。手ぐしを通しながらヘアスプレーをかけます。

どちらもヘアスプレーの量は“軽め”がポイントです。

そして、ここで全体的に再度巻きます。ヘアスプレーをつけすぎてから巻くと、髪がパリっとするので、つけ過ぎには注意してください。

最後に、手ぐしでカールを優しくほぐしたら完成です。



どんな季節でも綺麗な巻き髪はキープしたいもの。

ぜひ、今回紹介した方法を試して、カールのもちの良さを実感してみてくださいね。

【取材協力】

高倉里美…年間3,600名の髪を結う、ヘアセットのプロフェッショナル美容師。ヘアメイクアーティストとして、ブライダル、舞台、講師としても活躍中。

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ