『あのコの夢を見たんです。』中条あやみ&森七菜&鞘師里保&池田エライザら豪華美女集結

 俳優の仲野太賀が主演を務める10月2日スタートのドラマ『あのコの夢を見たんです。』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)に、女優の中条あやみ、森七菜、飯豊まりえ、大原櫻子、池田エライザ、鞘師里保らが本人役で出演することが発表された。

本作は、南海キャンディーズ・山里亮太が実在する人気女優、アイドル、モデルたちのイメージから創作した 『山里亮太短編妄想小説集 あのコの夢を見たんです。』(東京ニュース通信社)から厳選したエピソードに、山里が新規で書き下ろしたエピソードを加えてドラマ化。主演の仲野が山里亮太役を演じる。監督を務めるのは、大九明子、瀬田なつき、枝優花、松本花奈と、第一線で活躍する女性監督たち。

お笑い芸人・山里亮太(仲野)はネタ作りのため、とある喫茶店に入る。そこで繰り広げられる店員、テレビ関係者、マネジャー、イケメン会社員とのささいな出来事。ちょっとしたことが気になり、山里のイライラは限界に。眼鏡をくいっと上げてノートを開き、実在する女優を主人公にした物語をノートに書き始める。山里にとって現実逃避は、嫌なことを忘れられる“夢の時間”なのだ。旬な女優やアイドルたちをヒロインにした、山里亮太の妄想物語の幕が開ける―。

本作に本人役で出演する女優陣は、中条あやみ、芳根京子、森七菜、飯豊まりえ、大原櫻子、山本舞香、大友花恋、白石聖、鞘師里保、池田エライザ。

原作・脚本監修の山里は「なんでこんな凄いことになってるの!?これだけの女優さんが一つの作品に集まってくれることってあるの!?しばらくパニックでした…。そして、今でも何で引き受けてくれたのか、正直はっきりとは分かっていませんが、ただひたすらにありがたいという事ばかりです」とコメントしている。

テレビ東京のドラマ初出演となる中条あやみは、『追いかけたいの!』のエピソードに出演。モテモテの高校生・中条あやみは、告白され続ける生活に疲れ果て、「一度でいいからフラれてみたい」という願望を持つ。そんな時、「振られ屋」という謎のメールが届く…。

中条は「山里さんが小説に中条あやみの妄想を書いてくださった時はとても嬉しかったのですが、まさか自分で中条あやみ役を演じる日が来るとは思ってなかったので、今回のお話を頂けてとても嬉しかったです!演じた役に関しては、山里さんがもしかしたら実際に、私にこの様なイメージを持ってくださってたりするのかなと思ったのですが、最後のオチがクスッと笑える終わり方で面白かったです」と話している。

飯豊は『その涙のあたたかさは。』のエピソードに出演。大好きだった彼への告白に失敗したまりえが家で後悔していると、小さな男が部屋に現れ、“リセットボタン”なるものを渡してきた。恐る恐るボタンを押してみるまりえだったが…。

飯豊は「他の作品も少しだけ待ち時間に読ませて頂いたのですが、山里さんが一人ひとりに感じられているであろうイメージが、そのまま作品として色がくっきり出ていて。そうわかる、そんなイメージがあるよねぇ、、と山里さんすごく鋭いところを妄想してるなぁと感じました」と語る。

ドラマ24『あのコの夢を見たんです。』は、テレビ東京系にて10月2日より毎週金曜24時12分(テレビ大阪のみ10月5日より毎週月曜24時12分)放送。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ