『親バカ青春白書』戸塚純貴がクランクアップ「続編に備えておきます(笑)」

dwango.jp news

2020/9/9 06:00


いよいよ今週末の日曜日が最終回となる『親バカ青春白書』(日本テレビ系)、略して「オヤハル」。和歌山県出身のYouTuberネゴロを演じた戸塚純貴が、今田美桜とともにクランクアップを迎えた。



戸塚純貴は、「緊張していた初日からあっという間でした。福田組と、そして(第6話の)ムロ組まで経験させて頂いて、非常に刺激的で忘れられない作品となりました。最後までネゴロという役柄を演じることが出来たのは、最強のスタッフさんのおかげです。続編に備えておきます(笑)本当にありがとうございました」。フラレ動画から、今度は“まぐろや”として成功したYouTuberネゴロ。ぜひ、「まぐろやネゴロTV」の“魚をさばく”YouTubeもチェックしてみよう。

本作は、『今日から俺は!!』チームの最新作で、笑いのヒットメーカー・福田雄一が手掛けるオリジナルドラマ。ムロツヨシがGP帯連続ドラマで初主演。娘が大好きすぎるあまり、なんと、娘と同じ大学の同級生になってしまう父親を演じている。ムロツヨシの娘役には、永野芽郁。そして永野芽郁演じるさくらの恋人候補には、中川大志、さくらの親友役には今田美桜。同級生には、戸塚純貴、小野花梨。なお、ムロツヨシの最愛の妻で、永野芽郁の母親役を、新垣結衣が演じている。

<第7話あらすじ>

シェアハウス生活が続く小比賀家で、さくら(永野芽郁)が豹変!?ガタロー(ムロツヨシ)をめぐる娘・さくらvs同級生・美咲(小野花梨)の水面下のガチバトルが勃発!さらにハタケ(中川大志)、寛子(今田美桜)、根来(戸塚純貴)も巻き込み青春の悩み渦巻く小比賀家に、さくらの異変を感じ取ったガタローの母・多恵(高畑淳子)が香川から上京してくる!悩みを打ち明けたさくらは、多恵から優しかった母・幸子(新垣結衣)の衝撃的な過去を聞き…。

■日本テレビ系 日曜ドラマ『親バカ青春白書』

毎週日曜よる10時30分~11時25分放送
出演:ムロツヨシ 永野芽郁 中川大志 今田美桜 戸塚純貴 小野花梨 谷口翔太 / 濱田めぐみ 野間口徹 新垣結衣

(C)日本テレビ

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ