Google、「Android 11」の正式版を公開


米Googleは9月8日(現地時間)、Android OSの新バージョン「Android 11」の正式版を公開した。まずはPixel、OnePlus、Xiaomi、OPPO、およびRealmeのスマートフォン向けに配信を開始する。他のデバイスについては今後数カ月にかけて配信する予定という。

Android 11の主な新機能は以下の通り。

メッセージ管理の専用スペース: 複数のメッセージングアプリの通知を通知エリアに設けた1カ所の専用スペースに集めることで、異なるメッセージングアプリを横断して会話の確認や応答を簡単に管理できるようにした。

「バブル (Bubbles)」機能: マルチタスク中のチャットを便利にする機能。メッセンジャーのチャット相手に、常に画面上にオーバーレイ表示される円形アイコンから応答できる。

標準の画面録画機能: Androidの標準機能として組み込まれる画面録画機能。スマートフォンの画面上の表示や音を記録することができる。ゲームプレイの内容や、アプリの操作方法などを人に見せたい場合などに便利だろう。

スマートデバイス連携のための管理画面: 電源ボタンを長押しすることで、サーモスタットやスマートロック、照明といったスマートデバイスを管理できる一覧画面を呼び出せるようにした。

アプリのワンタイムパーミッションとパーミッションのオートリセット: これまではアプリの機能を使う際に「常に許諾」や「使用中のみ許可」といった権限を設定していたが、より細かい管理ができるように、新たに「1回だけ許可」(ワンタイムパーミッション)を選べるようにした。また、しばらく使用していないアプリについては安全のために、通知を行いつつ、権限を自動でリセット(パーミッションのオートリセット)するようにした。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ